ユースビオマスクの役員や会社概要がヤバい!福島県のどこにある?

国内ニュース

全国で次々とアベノマスクが配布されていますね。

ですがこのアベノマスク、異物が混入していたりして世間では色々と議論がされています。

妊婦向けのマスクについては製造企業が1社のみ公開されていなかったため、そこから不信感も募っていたようです。

 

そして4月27日現在、厚労省から残りの1社について公表されました。

その会社の名前は「株式会社ユースビオ」という会社です。

公開されて一安心…かと思いきやこの会社、調べてみたら不審な点だらけなんです。

 

ここではそんな株式会社ユースビオについて、

  • ユースビオの役員や会社概要はあるのか
  • 福島県のどこにあるのか
  • どういった点で怪しいのか

などについてご紹介します。

 

ユースビオの役員や会社概要とは

ユースビオの代表取締役社長や役員、会社の概要はどうなのか?

公表を渋っていただけに気になりますよね!

なので調べてみたところ、

  • 代表者も事業内容なども一切不明
  • 法人番号は2017年8月30日に指定されている
  • 法人番号は『2380001028430』であること

ということだけでした。

……情報少なすぎですよね?

そもそも事業内容も不明というあたり、普段何をしているかわからない会社なんです。

マスクを作っていないにしても他に「〇〇を作っています!」と表示してくれるだけでも信用性は一気に高まります。

 

もちろん代表者を載せるのはその会社の自由です。

ですがこの会社は

“業績もわからない”、”電話番号などの情報も一切ない”

と、まるっと情報を公開していないのです。

「架空の会社なのかな」と疑ってしまいますよね。

これでは不信感も募るというものです…。

 

ユースビオは福島県のどこにある?

ユースビオの住所は福島県福島市

こちらが詳細になります。

郵便番号:960-8074
所在地:福島県福島市西中央5丁目54番6号
法人番号:2380001028430
法人番号指定日:2017年8月30日

住所ははっきりしていました。

ですがここでも驚きの事実が発覚しました。

なんと、同じ住所に11社も別の会社が存在していたのです。

もしかしてビルか何かなのかな?

同じビルに複数の会社が存在しているのかな?

なんて、私はそういうことに関して素人なのでそんな考えが出てきてしまいます。

ですが外観からしてそういう感じではなさそうなんですよね。

 

ユースビオの外観の画像

ユースビオの外観がこちらになります。

公明党のポスターが貼ってあり、小さな建物があるだけでした。

しかも看板などもなくどこの建物の中なのかもわからない…。

 

ちなみにいくつも住所があることについては、解説されている方がいらっしゃいました。

なるほど誤爆ということもあるのですね!

しかしこんなに密集してると、本当に看板がないとどの建物にどの会社なのかわからないです…。

とはいえ地図ではしっかり区分されているので安心しました!

 

そしてユースビオ自体はこちらの左端から2軒目とのこと。

公明党のポスターがすごく気になる。

でもパッと見ると公明党議員の事務所にも見えてしまいます。

せめて看板があれば…!!

 

韓国の会社という噂もある

この「ユースビオ」という会社について、

日本のメーカーではなく韓国のメーカーではないのか

という噂もあるようです。

この『YOUTHBIO』という会社について、

  • 設立日は2018年
  • 従業員は1~5名
  • 事業内容はリフティングマスクやアンプルの製造

ということでした。

大きな会社ではないようですが、情報はちゃんとありますね!

 

ですがこの会社の呼び方は、

「ユースビオ」ではなく「ユースバイオ」ではないか

ということも考えられます。

確かにリフティングマスクを製造しているから可能かもしれませんが、偶然だったことも考えられます。

 

そして建物の外見からすると、マスクを大量に製造できるような環境にもあまり見えません。

不明な部分が多すぎて、色々と疑いたくもなってしまいますよね。

 

4月28日追記

どうやらユースビオという会社は、ベトナムからバイオマス発電用の木質ペレットを輸入している会社のようです。

なのでベトナムで「ベトナムマスク」を生産し、それを納品するようにしたとのこと。

 

しかもユースビオ代表である樋山社長は、

「最初から社名を出してもいいと伝えていた」

と厚労省に伝えていたようです。

ですが「どうしてそんなに隠したがったのか」という部分で政府に対する不信感は払拭できなかったようです。

 

4月29日追記 樋山茂社長について

4月28日、樋山社長が取材を受けていたようです。

樋山社長はベトナムの業者から元々マスクを取り入れていたようで、福島県の医師会や病院などに分けていたようです。

そして県の方から改めて依頼をされて今回のマスク輸入に至ったと話をされていました。

 

他にも今回疑われていた件について、

  • 樋山社長は若松さんが議員になる前から知り合いなので、公明党というよりは個人の付き合いはあった
  • 樋山社長が創価学会の3代目であり、隠してもないし癒着もない
  • 安倍総理や麻生財務相との付き合いはない
  • 脱税問題で商売がしづらくなったため事業「ユースビオ」を起こした
  • 登記中だったのは「手続きの遅れ」や「定款の中にマスク輸入を入れてほしい」と言われて登記変更の手続きをしていたため
  • 「ユースビオ」の事務所が小さい平屋なのは携帯とタブレットで受注できる環境にあるから
  • 「シマトレーディング」はいとこの会社であり、定款にある会社の目的の項目に『マスクの輸入』がなかったため輸出作業はそちらに頼むことになった

ということでした。

こう見ると確かに筋が通ってますよね。

 

しかも樋山社長は、マスクの不良品の問題が起きた時

『うちには関係ないから自社の名前を出して良い』

と政府の担当者に伝えていたこともわかっています。

品質に自信があるからこその発言なのでしょう。

 

ですが政府は最後まで社名の公開をせず、遅めの4社目の公表となってしまいました。

公表を渋っていたという読み方をされても仕方がない気もします。

登記変更が遅れていたために公表しなかったのでしょうか?

 

どちらにせよ「ユースビオ」という会社についてスッキリわかってよかったです!

ベトナムマスクの安全性も確保されているとのこと。

会社も公表していいし品質に自信はあるよ!とこんなにハッキリ言える会社なら、信頼もできますよね。

 

ユースビオマスクの会社概要や役員、所在地や外観画像についてまとめ

ここでは株式会社ユースビオについて、

  • 会社概要や役員、代表者について一切不明
  • 法人番号登録はされている
  • 住所は福島県福島市西中央5丁目54番6号
  • 外見は、公明党のポスターが貼られた小さな建物
  • 韓国の「YOUTHBIO」という会社ではないかという疑問もある

ということが調べてみてわかりました。

 

1社だけ社名公開が遅れただけに注目された今回の出来事。

遅い公開だっただけに疑われてしまったようですね。

遅めに公表するのならせめて登記変更が済んでからでもよかったと思うのですが…。

ユースビオについては身元もはっきりして安心しました!

 

こちらもよろしければどうぞ!

シマトレーディングの会社概要や役員とは?福島県のユースビオとの違いは?

アベノマスクを寄付したい時は?不要の場合やいらない人は寄付してみませんか?

マスクを使い回す方法は?ガーゼや洗えるマスクなど便利グッズを紹介!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. […] ユースビオマスクの役員や会社概要がヤバい!福島県のどこにある? […]

タイトルとURLをコピーしました