山下敬大の成績やプレースタイルは?兄弟もいるのか調べてみた!

スポーツ
スポンサーリンク

2019年12月17日、ジェフユナイテッド千葉から発表がありました。

レノファ山口FCから山下敬大選手を獲得したとのことです!

若くして周囲からも期待されている山下敬大選手。

身長も184センチとかなりの長身なんですよね~。

そんな山下敬大選手の気になる成績やプレースタイル。

また兄弟がいるのかなども調べてみました!

 

スポンサーリンク

山下敬大選手の成績は通算で72試合16得点!

2019年は特に成長っぷりがすごかったです。

出場試合数は37試合、得点数は11点取っています。

Jリーグでの通算成績の得点が16点なので、1年で半分以上取得点を上げているということ。

しかもシュート数も62回と前線で攻めているのがわかります!

 

まだゴールの取得率はめちゃくちゃ高いとは言えません。

でも1年間でめざましく成長しているので、今後は成績もぐんぐん上がるのではないでしょうか!?

 

プレースタイルはワンタッチシュート率高し!

解析によると、敵陣空中戦力とワンタッチシュート力が高く評価されています。

逆に自陣での空中戦をあまりしていません。

前線でのプレースタイルを得意としているようです。

山下敬大選手のプレーはこちら

確かに積極的にシュートを決めています!

ですがロングシュートやセットプレーシュートはあまりないようですね~。

山下敬大選手を活かすには、前線に立ち続けてもらうのが強みになってきそうです!

前線に出てボールをワンタッチシュートで決めていくシーンが多いです。

そのためロングパスで受けたり、スルーパス受けからのシュートが高めとなっています。

確かにシュート率やゴールを決められる場面を多く見ますよね!

それだけ積極的に前線でプレーしていることがよくわかります!

 

またヘディングでの制空権を争うことにも積極的な模様。

もちろんチーム全員の力あってのことですが、前線に立ってくれる頼れる選手となっています!

 

山下敬大選手に兄弟はいた!

名前は不明ですが、お兄さんがいるようです。

身長もわりと高身長だそうです。

父親もかなり高身長らしく、身長の高さの要因の1つは遺伝でもあるんだとか!

男性陣が180センチ近くの家族って圧巻すぎる。。。

 

またペットもいるらしく、グレート・ピレニーズというめちゃくちゃ大きい犬もいるようです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

1.9 成人式があるから地元帰ってきた。 相変わらずデカイで可愛い。😊 #グレートピレニーズ

山下敬大 / keita yamashita(@keita_yamashita14)がシェアした投稿 –

本人いわくめちゃくちゃ可愛いとのことでした!

体重も50キロ以上あるそうですが、室内で飼うとなると大変そうですよね。。。

 

余談ですが同じ福岡大学サッカー部の同期である、永石拓海選手と兄弟のように仲がいいようです。

大学時代から2人で遊びに出たりご飯を作ったりしていたそうな!

お互い冗談も言い合いながら笑える良い関係を築いているようです。

永石拓海選手はレノファ山口FCに19年1月に育成型期限付き移籍で加入しています。

今回の山下敬大選手の移籍はどう思われているのか気になりますね~。

 

山口敬大選手の成績やプレースタイル、兄弟について

山口敬大選手は、

  • 成績は通算72試合16得点、2019年度だけで37試合11得点
  • プレースタイルはワンタッチシュートと敵陣での空中戦が中心!
  • 兄弟はがいてペットには犬もいる、兄弟のように仲の良い選手もいる!

ということでした!

動画を見てみても本当に攻め込んでいて、今後のゴールの要になることは間違いないです。

今後の活躍に注目が集まっています!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました