ながらスマホの厳罰化!ハンズフリーやカーナビも対象になる場合も!

国内ニュース
  • 信号待ちのちょっとした時間にスマホでSNSを見たい。
  • カーナビで道を確認したい。
  • 運転を楽しくするために友達と通話をしたい。

日常的にあるあるですよね。

「ながら運転」や「ながらスマホ」は今までも道交法で禁止されていました。

ですが、2019年12月1日から改正道路交通法が施行され、前よりも厳罰化されました。

反則金が高くなり、さらには懲役刑になる場合も出てきたんです!

 

そんな中で、

  • ハンズフリー通話なら厳罰の対象にならないの?
  • カーナビはどうなの?

という疑問が出てくると思います。

ここでは、この2つが今回の厳罰化の対象になるかどうかをお話していきます。

スポンサーリンク

ハンズフリー

ハンズフリーは「運転中に通話している最中」であればOK

道路交通法で禁止されているのは、

携帯電話の保持や画面の注視

となっています。

ハンズフリーの場合、両手に持たず画面も見ませんよね。

なので今回の厳罰化の対象から外れていることになります。

 

ここでいう「携帯電話の保持」というのは、

ケータイを手に持って通話する

という意味合いを指します。

ハンズフリーであればこの「保持」という部分に抵触することもありませんね。

ハンズフリーもNGになる場合

先ほど、ハンズフリーはOKとお伝えしましたが場合によってはNGになります。

 

1つは、道交法で禁止されていなくても条例で禁止している自治体もあること。

これは対象の都道府県警で確認するしかないようです。

 

もう1つは

運転中に画面を見たりするとNG

ということです。

 

例えば、運転を開始してから通話したいとします。

ですが通話先を選んだり通話するためには、一度画面を見る必要がありますね。

これを運転中にしてしまうと今回の厳罰化の対象になります。

この時点で「画面の注視」という部分にかかってしまいますからね。

 

それに、手にスマホを持ってしまった時点で「携帯の保持」の部分に引っかかってしまいます。

なのでどうしても電話を掛けたい場合は、信号待ちの停車中などに掛けると良いでしょう。

もちろん、一番いいのはちゃんとした場所に停車させて話すことですけどね(笑)

 

音声だけでも事故が増えるリスクが高まると、過去の調査で実証されています。

話に夢中になっていて運転に意識がいかず信号無視、なんてケースも。。。

事故を防ぐためにも安全を確保した状態で通話することをオススメします!

カーナビ

カーナビは基本的にNG

先ほど説明したように、「画面を見たり操作する行為」が対象となっています。

 

カーナビって本当に便利ですよね。

車を動かすとリアルタイムで画面が進んで、目的地まで案内してくれる優れものです。

ですが、運転中のカーナビの注視は厳罰の対象になります!

ちょっとチラ見するだけ~なんて軽い気持ちで運転中に見てしまったりしませんか?

その「ちょっとだけ」でも対象になってしまい、罰金を支払うことに…なんてことも。

 

さらに事故を起こすと懲役刑になってしまうケースもあり得ます。

なのでできればカーナビは音声案内だけに留めておくほうがよさそうです。。。

 

あと当然のことながらテレビやDVDを見ながら、なんてのはNGですよ!

カーナビでもOKな部分

信号の停止中に見ても大丈夫なんですか?

って疑問、あるあるですよね~。

私もこれに関してすごく疑問に思っていました。

「だって信号待ちの停止も運転中に含まれるでしょ?」って思った方も多いでしょう。

 

調べたところ、どうやら停止中に関しての操作は対象にならないそうです。

信号待ちで停止した時、画面をチラ見する分には大丈夫ということですね。

 

またカーナビには音声案内もあります。

そちらもフリーハンズ同様、操作したり保持していなければOKということです。

なのでどうしても案内が必要な時は音声案内に切り替えましょう。

まとめ

フリーハンズでもカーナビでも、

  • 音声のみでの通話や案内はOK
  • 信号待ちの停車での操作や画面を見るのはOK
  • 運転中にスマホを持ったり画面を見たりはNG

ということになります。

 

ですが音声のみでも絶対安全とは限りません。

できる限り運転中の通話は避けるのが無難ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました