徳武竜也の声優廃業!ストレス?他に仕事?喉の不調?原因を推測!

芸能人
スポンサーリンク

今年いっぱいで廃業すると宣言された徳武竜也さん。

賭ケグルイの鈴井涼太や、アイドルマスターSideMで九十九一希など。

若手声優として人気が高く、支持しているファンも多いです。

そんな徳武さんの突然の声優廃業宣言に、世間からどよめきがすごいです!

 

ですが原因は明かされていませんね。

今回の廃業について、何が原因か予想してみました!

スポンサーリンク

ストレスや不規則な生活からくる体調不良

ストレス

仕事のし過ぎで酷使された結果、つぶれてしまう声優さんも多いようです。

また事務所とうまくいってなかったり人間関係、私生活など色々と予測されます。

 

一例として、ストレスの原因になりそうなもの。

声優さんは、台本を現場に入った当日に渡されることがあるそうです。

これも結構多いようで人としての心理的には

「それならそうと前もって準備してくれ!」

って思うのが普通ですよね。

これを頻繁にされたら結構イライラしませんか?

 

しかも当日はコンディションを整えたりもしなければなりません。

台本を頭に叩き込みながらコンディションを整えるって忙しすぎるのでは。。。

 

あとはファンや事務所からのやらせ、薄給、人間関係などの折り合いも合わなければストレスになります。

一部のファンのいきすぎた異常行為などは特に問題になりやすいですよね~。

不規則な生活

声優業ってものすごく大変らしいです。

 

若手の声優さんとなると、生活費が足らずにバイトも掛け持ちしている方が多いです。

一回アニメに出演しても、源泉徴収なども引かれて手取りがあまり入らないとか。

3万もいかないこともあるらしく、働きながらやらざるを得ないらしいです。

声優業した後にまた働きに出てるなんて大変ですよね。

 

また早朝からロケやイベントが入る場合もあります。

朝早くから夜遅くまでロケをやる、なんてこともあるのではないでしょうか。

休みだってそうそう取れるとは思えません。

具合が悪くても一般の会社みたいに、

「今日は体調悪いので休みます!」

というわけにはいかないのでしょう。

何せ一人休むことによって、集まったメンバーに迷惑がかかります。

イベントなんて特に、目当ての人がいなくてファンががっかり…なんてことにもなりかねません。

喉に異常が見られた可能性も?

喉の使いすぎで引退してしまった声優さんはたくさんいます。

 

私たちの生活の中で「声」が使われているものって何がありますか?

アニメやゲームはもちろん、ラジオ、家電、コンビニのCMでもありますね!

はま寿司などは注文パネルで声優さんを登用しているようです。

 

さらに「声」だけではなく、ライブなどでは歌いながらダンスをしたりもしています。

そういったセンスも磨かなくてはなりません。

 

それに一般の人にはわからないところで、声を出す努力も相当なさっているでしょう。

声を作っていた場合は喉に相当負担がかかります。

声質がちょっと変わったり、声が出にくくなったりしていたのかも?

家族の事情か、家族ができるのかも!?

家族の看病や事情で辞めざるを得ないケースもあるようです。

確かに朝早くから夜遅くまでのお仕事となると、看病とかできませんよね。

そちらに専念するために廃業されたのかな?という線も。

 

もしくは彼女ができて、落ち着いた職に就くためという可能性もあります。

腰を落ち着かせて彼女と一緒になりたいという気持ちがあったとしたら?

声優さんも芸能人さんと同様、出産や結婚などの情報を早々に明るみに出したりはしません。

今回もそのケースかな?と思っていました。

決められた期間で休めるケースではないので、廃業という形をとった可能性が高いです。

ラジオのディレクターなどになったのかも!?

こちらの線も強いです。

というのも、声優としてデビューした時に受けたインタビューで、こんなことを仰っていたようです。

――2015年に声優としてデビュー。声優を目指したきっかけとは?

徳武:もともと声優を目指していたわけではなくて、ラジオのディレクターのようなスタッフ側になりたかったんです。でもスタッフさんもうまくしゃべれる人が多いじゃないですか。それで専門学校の声優タレント学科で一度学び、在学中のオーディションで今の事務所に合格をいただいて、そこから声優っていう方向に切り替わりました。

――もともとラジオに思い入れがあったんですか?

徳武:昔からラジオが好きで、中学校の時は受験勉強をしながら聴いてました。学生向けのラジオとか、それこそ声優さんのラジオとか、トークがすごく面白いじゃないですか。いろんな番組を聴いているうちに、面白い番組ってパーソナリティの方とスタッフさんの連携が取れているなと感じて、自分が出るというより面白いパーソナリティの人たちと関われるようになれたらいいなと思いました。

引用元:ダ・ヴィンチニュース

元々はディレクターなどのスタッフ側の職に就きたかったようです。

ディレクターの夢を捨てることに戸惑いは?と訊かれた際には、こう答えています。

――それが専門学校を経て、まさかの声優への転向となったのですね。ディレクターの夢を捨てることに戸惑いはなかった?

徳武:そうですね。専門学校で、自分自身が表に出ていくことに対する面白さも学べていたので。それとオーディションで「君が出せるものがあるから」と言っていただけたので、「じゃあ、やってみよう」と。形は違うけど憧れていた世界ですし、その場で即決して、親にも連絡して、この道に進みました。親もびっくりしてました(笑)。

引用元:ダ・ヴィンチニュース

小さい頃から役を演じることが好きだと言っていた徳武さん。

もともとは声優志願ではなかったけどお芝居が好きで、自ら進んで声優の道に入ったようです。

 

賭ケグルイは昔から読んでいたそうで、オーディションの話がきた時は「やりたい!」と前向きに臨んでいたようです。

キャラクターに愛着を持って演じられていたのが、インタビューからもよくわかりました。

でも何かがきっかけでディレクターになれる好機がきたのかもしれません。

もしそうであれば、当初の夢も叶えられたということに!

まとめ

実は、2019年7月19日にTwitterのアカウントを突然閉鎖されていました。

もしかしたらこの時から何か前触れがあったのかもしれません。

 

声優業を辞めざるをえない原因として、

  • ストレスによる体調不良
  • 生活の不規則からくる体調不良
  • 収入の不安定さ
  • 喉の不調
  • 家族の看病や彼女ができた

などが挙げられます。

 

徳武さんの場合、

  • やりたい仕事が見つかった

というケースも挙げられますね。

今後また報せがあるかもしれませんが、良い方向での廃業であることを願いたいです。

今まで本当にお疲れさまでした!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました