天使にラブソングをの出演者の現在は?聖歌隊メンバーは何をしてる?

有名人

1992年に公開された『天使にラブソングを』という映画。

現在は三作品目まで公開されていますが、金曜ロードショーで一作目が放送されると話題になってますね!

日本でも有名なので支持率も非常に高い作品ですね~。

 

18年という月日が経っても人気の高いこの作品ですが、作中のどの人物も個性が強いですよね。

特に主演のデロリス・ヴァン・カルティエことシスター・メアリー・クラレンスは印象的です。

ですが私自身あまり映画などをあまり見ないため、気になるのは出演者の現在です。

今一体何をされているのでしょうか?

 

ここではそんな『天使にラブソングを』について、

  • 出演者やキャスト陣は何をしているのか?

について調べてみました!

 

『天使にラブソングを』の出演者の今現在

ウーピー・ゴールドバーグ

出典元:https://www.cinematoday.jp

主演であるデロリス(シスター・メアリー・クラレンス)役の方ですね!

1955年11月13日生まれで現在は64歳です。

旦那は今のところおらず、家族は娘が一人いるようですね!

 

また一説によると

「引退して亡くなっているのでは?」

という噂まで出ていたようですね…。

 

ですがその説は嘘で現在もちゃんと活動されています。

アメリカのテレビやラジオ番組などにも出演されており、インスタグラムも更新されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

One of my holiday sweaters. Available at Zappos.com

WhoopiGoldberg(@whoopigoldberg)がシェアした投稿 –

死亡説が流れてしまったのは「映画であまり観なくなったから」ということだと推測されています。

確かにあれだけ有名になった女優が急に出演しなくなったら

「どうなってしまったんだろう…」

ってふと気にするときがありますよね。

おそらくこの記事を読んでいる方も、そういった思いで読んでおられると思います!

 

現在は女優業は引退してテレビの司会や声優として活躍している模様。

引退したのは「若い女優達が活躍する中で自分の居場所がないと感じていた」と推測もされています。

日本の俳優などでもある話ですが、若い世代に受け継いでいって引退するということはよくありますね。

ですが引退後もファンの後押しもあって、映画に出演していることもあったようですね~。

2017年に『ナインイレヴン 運命を分けた日』で出演されていることが確認されています。

 

ハーヴェイ・カイテル

出典元:https://www.excite.co.jp/news/article/KaigaiDramaBoard_21456/

ヴィンス・ラ・ロッカ役で出演されていました。

1939年5月13日生まれで現在は80歳になります。

現在はカナダ人の映画監督であり女優のダフナ・カストナーさんと結婚されて、息子が一人いるようです。

12年間同棲していた女優のロレイン・ブラッコさんとの間にも長女をもうけているので、実際は長女長男の二人の子供がいるということになりますね。

 

そんなハーヴェイさんは現在何をされているのでしょうか?

かなりのご高齢なので引退しているのかな、と思ったものの2019年まで映画に出演されていたことが確認されています。

2018年には『犬々島』で声優を務め、『ラスト・マン 地球最後の男』でも出演。

2019年には『アイリッシュマン』にも出演されています!

なのでまだまだ映画俳優としても活躍されているようですね!

 

またテレビ出演というか、アカデミー賞受賞の生中継でも姿を見かけたという情報もありました!

他にもアメリカのアクターズ・スタジオの学長をやっているという情報もありました!

アクターズ・スタジオとはアメリカ合衆国の俳優養成所です。

また学長といっても共同であり、アル・パチーノさんとエレン・バースティンさんと三人で学長をしています。

三人ともアクターズ・スタジオの出身なんだそうな。

他にもマリリン・モンローさんやスティーブ・マックイーンさんなど有名な俳優を輩出しているようですね!

 

なのでアクターズ・スタジオで学長をしながら映画俳優も務めている、というのがハーヴェイさんの今現在のようです!

80歳といえどもまだまだ衰えずといった感じなのでしょうか?

これからも元気に活動してほしいと願うばかりです!

 

マギー・スミス

聖キャサリン修道院の修道院長役として出演。

1934年12月28日生まれであり、現在は85歳です。

数々の賞を受賞している大物女優さんですが、2007年には乳癌にかかったり1998年に旦那さんと死別したりと波乱万丈の人生を送っていらっしゃいます。

 

かなりのご高齢なので引退されているのかな、とついつい思ってしまいがち。

ですが2019年に『ダウントン・アビー』のバイオレット・クローリー役として出演されています。

出演自体は減っているのかもしれませんが、まだ女優として活躍していく可能性は高いですね!

 

現在は落ち着いた老後を過ごされている…と思いきや、ツイッターで頻繁にツイートする姿も見られます。

レスポンスもよくとても活発にツイートされているのを見ると、とても元気が出ますよね!

今後のご健勝と活躍も応援しています!

 

キャシー・ナジミー

出典元:https://www.cinematoday.jp/news/N0073279

ぽっちゃり体型の陽気なシスター、メアリー・パトリック役で出演されていました。

1957年2月6日生まれであり現在63歳です。

 

2015年の『ディセンダント』のイーヴィル・クイーン役以降は映画であまり姿を見かけなくなったキャシーさん。

2017年には『ボージャック・ホースマン』のアニメで声優業もされています。

ですがそれ以降の目立った活動が日本では見られないようです。

 

2019年には『Women’s Media Awards2019』に参加していることが確認されていました。

またキャシーさんは女優の他にも声優や作家、活動家としても活躍されているようです。

女性の権利やフェミニストを支援する活動家として頻繁に国を渡り歩いているという話もありますね。

ツイッターもあり、そちらでも頻繁に発言されているようです。

 

ウェンディ・マッケナ

内気で大人しい見習いシスターのメアリー・ロバート役として出演。

1958年10月4日生まれで現在は61歳になります。

あの最年少シスターがもう61歳なんですね~。

 

ウェンディさんは2009年の『消されたヘッドライン』からあまり目立った出演が見られませんでした。

というか日本で知れる情報があまりないんですよね…。

『NCIS』のシーズン9に出演していたということですが、これも2012年に確認されていることです。

 

現在は子供を一人もうけてニューヨークに住んでいるウェンディさん。

もしかしたらニューヨークで専業主婦などをされているのかもしれません。

目立った活動がないのでのんびりと暮らしている可能性は高そうですね!

 

メアリー・ウィックス

聖歌隊の元指揮者であり修道院のシスターであるメアリー・ラザラス役として出演。

1910年6月13日生まれで、1995年10月22日に亡くなっておられます。

85歳ということでした。

腎不全や癌、合併症から闘病生活を送っていたものの、術中・術後合併症により亡くなっています。

 

亡くなった後の1996年に『ノートルダムの鐘』として声の出演をされています。

ラヴァーン役として出演されているので、また機会があったら観てみてください!

 

ローズ・パーレンティ

補聴器を付けた年配のシスターの、メアリー・アルマ役で出演。

1996年にマリブで85歳でこの世を去っています。

演劇女優として活躍してきており、テレビに出演することも多かったそうです。

映画にも3年置きずつぐらいですが少し出演しています。

テレビでも長い間活躍されていたようですが、日本ではあまり大きく活躍が見られなかったのは残念ですよね…。

 

ビル・ナン

出典元:https://www.cinematoday.jp/news/N0086280

事件の捜査、およびデロリスの警護を担当していた警部補のエディー・サウザー役として出演。

1953年10月20日生まれで、2016年9月24日に自宅で逝去。

長年の白血病との闘病の末、62歳という若さで亡くなっています。

スパイダーマンの三作品などに出演し、ファンからの支持も大きかったようです。

 

ジョゼフ・メイハー

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/KaigaiDramaBoard_21456/

聖キャサリン修道院のオハラ司教役をされていました。

1933年12月29日生まれで、1998年7月17日に脳腫瘍により64歳で亡くなっています。

遺作は『アウト・オブ・タウナーズ』のウェルストン氏として出演されています。

 

とても優しそうな風貌をされているジョゼフさん。

役柄も優しい人柄の人物が多く、オハラ司教も優しく穏やかな性格でしたね!

 

聖キャサリン修道院聖歌隊のシスターたちについて

主演のシスターたち以外にも聖歌隊のシスターも気になる所!

スーザン・ジョンソン

出典元:https://eiga.com/person/226764/

1970年12月18日生まれ、現在49歳です。

『マイ・プレシャス・リスト』で映画監督デビューを果たしています。

他にも『好きだった君へのラブレター』も評判で、現在も映画監督として活躍されていると思われます。

 

カルメン・サパタ

本名はカルメン・マルガリータ・サパタさん。

父親はスペイン人、母親はアルゼンチン人のハーフであり、スペイン語の番組に出ていたようです。

こちらは心不全で86歳に亡くなっています。

『天使にラブソングを』出演時は65歳ということでした。

 

ベス・ファウラー

出典元:https://en.wikipedia.org/wiki/Beth_Fowler

1940年11月1日生まれ、現在79歳です。

女優や歌手として活躍しており、3年間にわたって『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』という番組にも出演。

美女と野獣の作曲も手掛けていた節もあるようです。

おそらく現在も女優として活躍されていると思われます。

 

他聖歌隊メンバー

不明であったり、経歴がわかりにくい方も多いようです。

  • エディス・ディアス…心不全のため60歳で死去
  • スーザン・ブロウニング…不明
  • ダーリーン・コルデンホーヴェン…不明だが存命ではある模様
  • プルーデンス・ライト・ホルムズ…存命
  • パット・クロフォード・ブラウン…2019年7月2日、90歳で死去
  • エレン・アルバーティーニ・ダウ…長い心臓病の末、心不全のため101歳で死去
  • シェリ・イザード…存命
  • ジョージア・クレイトン…不明
  • ルース・コバルト…本名はルース・マキシーン・カーン。トニー賞やミュージカル部門で最優秀賞を受賞。膵臓癌により78歳で死去。

以上が聖歌隊メンバーとなります。

俳優さんは癌にかかりやすいイメージが強いのですが、気苦労なども普段からあるのでしょうね…。

スケジュールなどの関係で体調も崩しやすいということなのでしょうか…。

 

『天使にラブソングを』出演者の現在についてまとめ

ここでは『天使にラブソングを』について、

  • メインの出演者の現在
  • 聖歌隊メンバーの現在

についてご紹介しました。

 

いまだに俳優として活動されている方から、ぱたりと映画の出演情報が途絶えて現在何をされているか不明な方も多いです。

ツイッターなども探してみたのですが、中々見つからないんですよね…。

公式マークがついてる方は非常にわかりやすいのですが(笑)

どちらにせよこの映画は私も大好きなので、放送されるのが楽しみですね!

 

ちなみに私も利用していますが、U-NEXTでも『天使にラブソングを』を2作品見られます!

U-NEXT

30日間の無料トライアル期間もあって、その期間中に見ることもできるようです。

私も普段から利用しているので、溜まっているポイントで見ることができました!

解約もすぐできるので、視聴してすぐ解約ということも可能なようですね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました