ランドるん♪(レリーフ合同会社)の長所や短所は?世間の声も気になる!

バラエティ
スポンサーリンク

「レリーフ合同会社」から気になるランドセルが開発されていますね!

名前は『ランドるん♪』というものでした!

正式には「ランドセル用サブバック」ですね!

 

小学生って本当に荷物が多いんですよね。

とにかく背中が重いんです。

教科書、体操着、給食着、筆箱などなど…。

皮のランドセルとはいえ肩が痛かった記憶がありますね~。

 

ここではそんな『ランドるん♪』について、

  • 考えられる長所や短所
  • 世間の声

について調べてみました!

 

スポンサーリンク

『ランドるん♪』に考えられる長所

横幅すごい。

収納スペースが必然的に増える

見ての通り横に収納箇所が増えています。

今回のランドるん♪の目玉となっている部分ですね!

 

普通のランドセルって本当に教科書や筆箱を入れるだけでいっぱいいっぱいなんです。

昔に至っては筆箱も四角いタイプのマグネット式のものでした。

こういうの。

 

男の子は黒か、女の子はみたいなのありませんでした??

昭和生まれの方は経験した方もおられると思います(笑)

今の小学生はもっとオシャレな筆箱だったり、ペンケースとかなのでしょうか?

 

こういう形がある程度定まったものが入るとどうしても場所を圧迫しますよね。

しかも教科書ノートも入っているんです。

算数、国語、理科、社会などいくつか教科書があるんですよね。

それに合わせて全教科分のノートもあるんです。

重くならないわけがないんですよね!

おかげさまで給食袋なんて入れる場所はありませんでした。

 

ですが、側面ポケットがあれば給食袋も入れられますね!

正直にありがたいですよね!

敢えて筆箱などを側面のポケットに入れて、空いた場所に体操着なども入れられそうです!

 

左右のポケットにリコーダーや水筒も入る

昔はリコーダーも家に持ち帰って練習したりしていましたよね~。

今もリコーダーを持ち帰りしている光景をよく見ます!

 

ですがこのリコーダー。

保護する袋はあるのに持ち手がない。

常に手に持ち歩いて持っていくか、ランドセルの端に差してはみ出し上等で持って帰ってました。

邪魔だった記憶しかない。

 

ですがそれも解消してくれています!

リコーダー以外にも上靴給食セットなども入れられるそうです!

上靴も地味に邪魔でしたよね~!!

絶対ランドセルに入らないから、手提げ袋に入れて持ち帰ってた記憶があります(笑)

 

また水筒を持ってくることもありますよね。

昔は大体肩にひっかけて持っていきましたが、これも入れられるようになるととても便利ですね!

 

軽くて撥水効果もついている

とても気になる重量について。

これも軽量化が図られている上に、頑丈さも保証してくれているようです!

 

軽いのであればリュックとかでもいいのでは?

と思うのですが、四角い形のランドセルじゃないと教科書の持ち帰りが不便なんですよね。

小学校って登下校で飛んだり跳ねたりするんで、教科書が折れるんですよ。

いやまじで。

私は普通のランドセルでも教科書の角を折りまくりました。

物の扱いが荒いって自覚するようになりました。

なのでランドセルに付属させるだけでちょっとした収納場所ができるって、本当にありがたいんです。

 

でも今はランリュックというものがあるらしくて、これはこれで使いやすそうですね!

デザインも可愛い…。

 

ちなみにランドるん♪は撥水効果もあるとのことでした!

パッと見て布製っぽく見えますが、撥水効果があるのなら安心ですね!

後ろ、横の傘からのはみだしが気になりますし!

 

フックを気にせず収納ができる

これがものすごーーーーくありがたい!!

 

上記の画像のように側面のフックに色々ごたごたつけていたこと、みなさんもありますよね?

給食袋から上靴袋、他にも給食係になった時の白衣袋とかもありましたね~。

とにかくどれにも共通して言えるのは、

  • やわらかいけどかさばる
  • 重くないけどかさばる

これに尽きます。

 

肘に袋の紐部分が当たったり、脚に袋が体当たりしてくるんですよ。

とにかく邪魔でした。

まぁ給食袋はまだ小さいからよかったですが、白衣袋とかもうね…。

持って帰るのが億劫でした…。

 

さらにぶら下げていることで、

  • フックが切れて落としてしまう
  • 袋がどこかに引っかかったりして引っ張られたりする

という心配がありました。

 

ですがこの『ランドるん♪』であれば解消されるでしょうね!

教科書と大きめのものを中に入れて、他は側面のポケットに入れることができそうです。

全部が入れられなくても、横にぶらぶら下げるものは減りそうですよね!

給食セットとかは毎日なので、入れられるというのは大きいと思います!

 

『ランドるん♪』に考えられる短所

横幅が広いので歩くときが気になる

横幅の広さがネックにならないか。

それが懸念されますよね~。

 

よく登下校をする小学校を見ると、急に後ろを振り返ったりしてランドセルを振り回してるんですよね。

こういう時に腕も結構振り回したりしてるんですよね…。

まぁ動き回ることを想定して作られることはないと思います。

ですが大きくなることで、動きがちょっと制限されやすくなるのが気になります…。

 

まぁこれに関しては大して問題はないとは思います。

総合的に見てデメリットはほぼないと考えていいでしょうね!

 

世間の声

結局、収納力増やしたところで重さは変わらないし、大きくなってそれはそれで危ないと思う。

ランドセル異常な重さです。6歳の子が米袋を学校に持っていくような状態。
子供がランドセル背負ったままで、玄関で立てないことある。

うちの息子も、重すぎて引きずって帰ってきたこと沢山あります。給食が無い日に学童があると、お弁当も持っていかないといけなく、申し訳なく思ってました。

類似品を使ってます。袋が横でぶらんぶらんしているのが気になって…自転車とすれ違った時に引っかかったら…とか。ただでさえ小さな背中に大きなランドセルが、さらに幅が広がって大きいこと大きいこと…。

総合的に見ると、

置き勉にできないのか

という点について重きを置いている方は多いです。

 

肯定的な意見よりも否定的な意見が多いのは、

  • まだ150センチにも満たない小学生にどんだけ持たせるのか
  • ランリュックを普及させてランドセルを廃止してほしい
  • 祖母からプレゼントされたけど結局重さに耐えきれずちぎれてしまい、悲しい思いをした

などという背景があるようです。

 

確かに学校に教科書やノートを置いておくことができればだいぶ楽ですよね。

他には「給食袋」「筆箱」「体操服袋」「上靴袋」などだけで済むでしょう。

もちろん宿題のために持ち帰らなければならないものもあるでしょう。

ですが宿題で必要なもののみ持ち帰れば、最低限の荷物だけでいいですよね。

 

『ランドるん♪』の長所や短所、世間の声についてまとめ

ここでは『ランドるん♪』について、

長所は

  • 横に筆箱などを入れて大きなモノも中に入れられる
  • 左右にポケットができるので、リコーダーなどかさばるものが入れられる
  • 気になる重さも解消されて撥水効果もついてて横からたたきつける雨も安心
  • ランドセル側面のフックに色々ぶら下げずに済むので、引っかかったりする危険が減る

短所は

  • 横幅が広いので歩く時に肘が当たったりして歩きづらそう

という点でした!

 

世間からはこの製品についてというよりは、

今の小学生のランドセルの中身をもっと軽くしてほしい

ということについての感想が多いです。

ただでさえ大きなランドセルを背負って毎日登下校しているんです。

しかも1キロ以上歩く子供もいるようですしね…。

 

パソコンなどを小学校に設置するのであれば、自宅で学習できるシステムとかもできればいいですよね。

とにかくあの教科書類の持ち帰りを何とかしてほしいです。

学期末とかになると持ち帰るものも必然的に増えていきます。

両手をふさがないように、常に持ち物が減ってくれるといいですよね!

 

『ランドるん♪』が気になる方は、こちらで購入方法などを載せています。

参考にしてみてくださいね!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. […] 『ランドるん♪』の想定できる長所や短所についてはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました