PS4コントローラーを安く買い替えるには純正が絶対おすすめ!非純正品を使った感想をまとめてみました。

ゲーム

PS4のコントローラーってすぐダメになりません?
唐突にレバガチャや連打を要求されるうえに、最近はスティック部分を押し込む操作方法も増えています。
おかげさまで(主にスティック部分が)壊れてしまい、勝手にスティックが押し込まれた状態になる事故も発生してしまう始末。

操作性に支障を来してしまうことから、買い替えを考える人も多いはず。
ですが私は言いたい。

買うなら純正一択です!

私はすでにいくつか非純正品を買って失敗しています。
あまりに非純正品が使いづらく、最終的に純正品を買わざるを得ない状況になってしまいました。

ここではそんなPS4コントローラーの純正と非純正を2つほど比較して検証してみました。

  • どういった部分が使いづらいのか?
  • 非純正品に長所はあるのか?

などのご紹介をしていきたいと思います!
今後買い替える方の参考になれば幸いです。

非純正のPS4コントローラー2つを検証してみた

ちなみに今回購入したコントローラーは、リーズナブルな価格に重点を置いています。

HORI PS4ワイヤードコントローラーライト

HORI PS4-100 ワイヤードコントローラーライト for PlayStation 4 ブルー

価格:2,926円
(2020/7/12 16:40時点)

こちらは地元のGEOに売られていたものです。

「安くてコードもあってこれいいじゃん」
「まぁ大して操作性変わらないし大丈夫だろ!」

そんな考えで買ってしまいました。

買って使ってすぐに後悔しましたね。

純正品と形状が違い過ぎて手に馴染まない

なぜこのことに早めに気づかなかったのか。
あまりにも考えが御粗末すぎてため息も出ませんね!

見ての通りまったく形状が違うんですよね。

  • 持ち手の部分がない
  • L1L2、R1R2のボタンが押しにくい
  • パッド部分もめちゃくちゃ小さい
  • PSボタンもわかりづらい
  • そもそも薄すぎて手に馴染まない
  • ヘッドホンを挿す穴がない

この形状、見覚えあると思ったらあれです。
スーパーファミコンのコントローラーですよね。

特にL1R1に関してはボタンがものすごく小さい上に、形状が平たいためかなり押しにくい仕様になっています。

誤動作が多くなっていたので、最近は他のコントローラーが使えない時の予備用としてとってありますね…。

ライトバーや振動機能、イヤホンジャックがない

残念ながらライトも振動も、イヤホンを挿す部分もありません。
あくまで基本的な機能しか備えていないので本格的にゲームをやりたい人には不向きです。

ライトも、コントローラーがちゃんと接続されているか確認するのにあった方がいいですよね。
そういった機能も一切ついていません。

小さいお子さんがプレイする時や、や家族みんなでゲームをやる場合などに購入するのがよさそうです。

HORI PS4コントローラーの長所

形状もほぼ違うコントローラーですが、悪い部分だけではありません。
長所ももちろん存在しています。

使ってみてわかった長所
  • 純正と比べて軽量であること
  • スティックの回り方が純正とほぼ変わらないこと

軽量に関しては人によっては短所と捉えられるかもしれません。
ですが純正のコントローラーはちょっとした重みで、手首への負担や肩凝りが気になっていた人にはいいかもしれません。

そしてスティックに関してはほぼほぼ満足です。
スティックの凹凸の部分もあまり気にならず、使い続けているとほとんど純正と変わらないぐらいスティック画動かしやすくなっていました。
指に対する接地面が広いのでそこも使いやすさの1つなのでしょう!

まぁでも形状が違うのは大きなデメリットになるので、あまりおススメはできませんね…。

PS4有線コントローラー 型番:ps4-wired

こちらはかなり純正に近い形のコントローラーです。

PS4有線コントローラー PS4/PS4 Proに適用 振動/重力感応/タッチパッド機能搭載

価格:2,899円
(2020/7/12 20:47時点)

有線とはいえこの形で3,000円はなかなかありがたいです。
どうしても純正は高いと感じてしまう人におススメです。

それでもやっぱり純正の方が良いと感じる点がいくつもありました!

スティックが動かしづらい

スティックが動かしづらく、操作に支障を来すことがあります。

  • スティックを回すと滑りが良すぎてあらぬ方向へと動かしてしまう
  • バネの戻りが強く、小刻みな動作ができない
  • 指との接触面が狭いため持ちにくい

スティック自体の作りが違うのでしょうね。
比較してみると、純正品のほうが少しざらっとしてる質感なんですよね。

純正のコントローラー
ps4-wired

私はこのコントローラーでFF14やDBDをプレイしていますが、

DBDのキラーをやると視界の回転が速すぎてハゲます。

小刻みな操作ができないために、回転の調整がまったくできないんです。
FPSなんてとてもじゃないけどできないと思います。

とはいえまだ購入してから半年程度。
もっと使い込めば少しは動かしやすくなるのでしょうか…。

ボタンが硬すぎて反応しないことが多い

どのボタンが、とじゃないんです。

全体的に硬いんです

十字キーで上下選択しているときも、結局反応してなくて選択しきれていなかったりします。
R2を押しながら〇ボタン押してもR2がそもそも反応してなくてスカッたりもしています。

特にL2R2に関してはちょっと押すだけではダメなんです。
跳ね返す力が強く、少しの力で押す程度では思い切り弾いてきます。

ボタンの位置の性質上、人差し指か中指で押すことが多いです。
たまに押せてないことに気付かなくてうっかり…なんてことも。
これも使い続ければ多少バネが緩んでくるのでしょうか…?

型番:ps4-wiredの長所

もちろん長所も存在しています。

使ってみてわかった長所
  • 重さも形状も純正品とあまり変わらず、いつも通りの感覚で使える
  • 持ち手部分が滑らない仕様になっている
  • ライトも目立ってデザインもおしゃれ

純正品と形状や重さがあまり変わらないのは大きいです。

下が純正コントローラーです
下が純正コントローラーです

先ほどの「ボタンを押すのにちょっと力が要る」という問題さえ克服してしまえば、ほぼ純正品と同様に使えるでしょう。

また持ち手部分が滑りにくい仕様になっています。
純正のコントローラーが持ちにくかった、という人にはありがたいですね。
私も純正のコントローラーが持ちにくかったという訳ではないのですが、持つのがめちゃくちゃラクになりましたね!

PS4コントローラーを一番安く買うなら純正品にすべき!

ここまで2つのコントローラーをご紹介してきましたが、5,000円かけて結局どちらも中途半端にしか扱えてません。
PCでもコントローラーを使ってるのですが、純正品が接続できない時に切り替えて使用しています。

結局のところ、多少高くても純正品を買うのが一番安いし早いというのが身に染みてわかりました。

似たような非純正のコントローラーが出たところで、純正には敵わないということですね。
口コミが多いものを見てみても、不具合が生じたり動作がおかしかったりするものばかりです。

不具合の事例
  • 電源は入っているのに操作ができなくなる
  • 左スティックが勝手に動いて操作が効かなくなる
  • スティックの反応が悪すぎてゲームができない
  • ワイヤレスなのに充電ができない
  • VCを繋げたら音がうるさくて使い物にならない

とにかく使い物にならないものが多いです。

先ほどご紹介した2つのコントローラーも、純正に比べたら使いにくい部分や操作性に問題が見られます。
特にFPSなどの細かい操作を行うゲームで使うのならば、純正を使うことをオススメしたいです。大手の電器屋では売られていることも多いので、コントローラーは多少高くても純正を買うようにしましょう。

SONY コントローラ DUALSHOCK4 CUH-ZCT2J ブラック

価格:8,105円
(2020/7/13 00:44時点)

SONY ワイヤレスコントローラ DUALSHOCK4 ミッドナイト・ブルー CUH-ZCT2J22

価格:8,625円
(2020/7/13 00:45時点)

SONY ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK4 マグマ・レッド CUH-ZCT2J11

価格:8,469円
(2020/7/13 00:46時点)

残り在庫が少ないものも増えてきています。
大手の電器屋が近くにあるようであれば、そちらで探してみるのもひとつの手ですね!

純正であれば不具合もそうそうありません。
どうしても予算に余裕がなければ、中古であれば5,000円ぐらいで購入することもできます。

純正のコントローラーを購入して快適にゲームができる環境を作っていきましょう!

非純正のPS4コントローラーを使った感想まとめ

ここでは、

  • 2つの非純正のPS4コントローラーの使用感
  • PS4コントローラーを安く買うには純正が一番!

ということについてご紹介していきました。

非純正品は確かに慣れてくればある程度は使えるようになってきます。
ですが使い始めのうちは本当にひどく、実際に使ってみて誤動作を連発して他人に迷惑をかけたこともありました。

非純正品を無理矢理慣れさせるよりは、素直に最初から純正品を買うほうがよっぽど安く済みます!

多少高い買い物になるかもしれませんが、上手く使えば一年も二年も使うことが可能です。
長く快適に使うためにも、純正品を買うようにしましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました