愛猫愛犬の骨を真珠にする、真珠葬が注目されています!

ペット
スポンサーリンク

皆さんはペットを亡くした後、火葬をしていますか?

帰ってきた遺骨を入れた骨壺が遺され、それを仏壇に供えたりしていますよね。

 

ですが中には、

  • 常に肌身離さず、そばにいてもらいたい。
  • 遺骨だけではない、形に残ったものを置きたい。

こう考えている方もいると思います。

 

その遺骨を美しい形で残したいという想いから生まれたのが「真珠葬」です。

ペットの遺骨1つ1つから作られているので、世界で同じ物は存在しないただ1つの真珠となります。

 

そんな真珠葬ですが、

  • 遺骨から真珠ってどうやって作られるの?
  • 育つまでの期間は?
  • いくらぐらいかかるのか?

という疑問もあると思います。

 

ここではそれらをご紹介してきます。

スポンサーリンク

真珠が出来上がるまで

真珠葬とは、ペットの遺骨から真珠を作り上げて形に残すものです。

核入れから養生、沖出し、手入れ、浜上げと職人さんがたくさんの手間をかけて育てあげてくれます。

  1. まず、1つずつ職人さんが手作業でペットの遺骨をコーティングします。
  2. そのコーティングされた核を、アコヤガイの真珠層で包み養生させていきます。
  3. 養生の際に核を吐き出してしまうこともありますが、核が落ちないよう特殊な養生ケースを使っているようです。
  4. 養生後は生育用ネットに移し海へ沖合の海へ移動。
  5. 海の温度チェックや、貝に付着した生物を手作業で落としてくれます。
  6. その後浜揚げして真珠が飼い主のもとへと届けられます。

以上が工程となっています。

個体識別用のICチップを核に埋め込んでいるため、機械で読み込むと自分のペットだと確認できるようになるのです。

コーティングから何から、たくさんの工夫から真珠ができあがるんだそうです。

しかも細かなチェックや付着物も手作業で丁寧に落としてくれて、至れり尽くせりですよね~。

出来上りまでは約1年間かかります

夏葬と秋葬で少し違うようですが、およそ1年ぐらいはかかります。

 

2020年予約の時点で、

夏葬は2020年6月から翌年の2021年3月までの9ヶ月

秋葬は2020年10月から翌年の2021年12月の14ヶ月

となっているようです。

この期間も気候や母貝の状態で変わってくるようです。

 

約1年から1年半の間、じっくりと丁寧に育ててくれます。

とても待ち遠しくなってしまいますが、本当に貝の中で育てられるんだなと実感する期間ですよね~。

 

しかもこの作られている間、LINEやメールで動画や写真を送ってくれるのです!

自分のペットの遺骨が形になっていく姿の過程が見られるんですよ!

こういう真珠を作る過程というのを見る機会がそもそもないので、それだけで楽しみになってしまいます(笑)

葬儀費は税抜きで合計45万円とちょっとお高め!

申し込み時に前金で20万円、完成後に25万円の合計45万円の支払いになります。

この値段は税別なのでもう少しかかってしまいますね。

 

免責事項にもありますが、ここでいう前金というのは何かあった時に支払うものです。

自然の中で育てているので災害や事故などに備えてのことだそうです。

もしくは母貝に異変があった時のために返せるように、という備えでもあります。

自然災害で貝も核もどこかに行ってしまった、では大変ですしね。

 

ちょっと高めにも感じられますが唯一無二の自分だけの、愛犬愛猫からできた真珠です。

手作業も多いようですし、この世に2つとない唯一無二のものだと考えるとこの値段は妥当なのでしょう。

常に身につけていたい、そばに置いておきたいという方は是非検討してみてください!

免責事項はしっかり読みましょう!

ここには重要なことがいくつか書かれています。

  • 養生中にアコヤガイが核を貝から出してしまうことが多いこと
  • 出された核は新しいアコヤガイに入れられること
  • 5枚の母貝を作るが核入れができるシーズンが限られているため、5枚に満たない場合は翌シーズンに核入れすること
  • 沖出しの際、母貝に異変が生じ母貝と核が海中へ失われてしまうケースがあること
  • 自然災害の際にはすべての母貝と核が失われてしまう可能性があること
  • 失われてしまった際は前金は返金されること
  • もしくは新しい遺骨を預かり再度作ってくれること

など、大事なことが書かれています。

自然の中で育てられてるからには仕方ない部分もありますが、ちゃんとアフターケアも考えてくれててありがたいです!

 

大事な遺骨を失くしてしまったりしたらショックですよね。

それにお値段もなかなか高額です。

大事なものを預けるからには、お互い納得のいく形で預けたいですよね!

きちんと免責事項を確認し、不安や不明な点はサイトに連絡先が載っているので連絡してみましょう。

また1回のの時期につき50名までの募集だそうな。

真珠葬をした場合は早めに連絡を取ったほうがよさそうです。

まとめ

真珠ができあがるまで様々な過程を経ています。

その間の期間は、

  • 夏葬は6月から翌年の3月までの9ヶ月
  • 秋葬は10月から翌年の12月の14ヶ月

ととても長いです。

そしてお値段は、

  • 前金で20万円
  • 完成してから25万円

の合計45万円ということでした。

 

大切なペットを常にそばに感じていたいという方は、これを期に真珠葬をしてみませんか?

こちらのサイトから受付してくれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました