小泉貴之の学歴生年月日のプロフィールは?経歴がイケメンすぎる!

有名人

2013年にだいたひかるさんと結婚されたアートディレクターの小泉貴之さん。

現在もお二人は仲睦まじく夫婦生活を過ごしておられます。

そんな小泉さんは「妻を支える姿がイケメンだ」と評判が高いようですね。

 

ですが小泉さんの経歴について私自身もあまりよく知りません。

なのでここでは小泉孝弘さんについて、

  • 学歴や生年月日などのプロフィール
  • 妻を支えてきた経歴やエピソードがイケメン過ぎる

ということについて調べてみました!

 

小泉貴之さんのプロフィール

生年月日:1977年8月14日
出身地:埼玉県川口市
呼ばれ方:鈴(すず)

小泉さんに関してのプロフィールの情報は少なく、現時点では生年月日と出身地ぐらいしか判明していません。

ブログも開設されていますがあまり多くは語っていませんね!

 

学歴

小泉貴之さんの学歴については、

  • 高校は安田学園高等学校
  • 大学は日本大学理工学部

ということが判明しています。

 

安田学園高校は東京都墨田区横綱二丁目にある学校です。

2013年までは中高一貫教育をする男子校だったため、中学も安田学園中学校であった可能性が高いですね!

そして安田学園高校のクラブ活動は運動部と文化部だけでも非常に多いです。

文化部は演劇やインターアクト、茶道や写真に鉄道研究というものまであるようですね。

美術部や文芸部もあるので、小泉さんはそういったアートに関係する所属していたのかもしれません。

 

日本大学理工学部は船橋キャンパスと駿河台キャンパスがあり、学科もたくさんある大学です。

土木工学や建築学、現代社会に必要な知識を蓄えていくための学科があります。

中には「まちづくり工学科」という学科もあり、こちらはまちづくりのデザインに進むための道も開けるようです。

この学科に進んだとは限りませんが、この頃からデザイナーとして進むつもりであればまちづくりのデザインを研究していた可能性もあり得るかも?

 

経歴

小泉さんは大学卒業後、イギリスへ渡ったりプリントデザイナーとして活躍されています。

 

イギリスでデザイナーとして活動

イギリスではパリコレクションの招待状をデザインしたりしています。

おそらくこの頃はまだ20代ぐらいだったと思います。

そんな若さでパリコレに携わってるって本当にスゴイですよね。

 

また2003年からはフセイン・チャラヤンのプリントデザイナーとしても活動しています。

クリエイターの先駆者として有名なフセイン・チャラヤンさんは日本にも来日して個展を開いたりしています。

そんな方のところでデザイナーとして活躍されているということで、力量のすごさを感じますね…。

また他にも、セカンドライン「chalayan by Hussein Chalayan」も担当しており、有名どころのデザイナーとして活躍していた経歴もあります。

 

他にもTOMATOによる第一回目のワークショップにも参加していました。

ロンドンのデザイン集団であるTOMATOはグラフィックデザイン、音楽や建築などの幅広い領域で活動しています。

東京や札幌で開催しており、作品を制作したり参加者と対話する参加型のワークショップなのだそうです。

もしかしたらこの頃に小泉貴之さんの作品を見たり対談する姿を見かけている方もいらっしゃるかもしれませんね!

 

帰国後は「Wieden+Kennedy Tokyo」に入社

「Wieden+Kennedy Tokyo」は東京都目黒区にある広告代理店です。

デザインに関わる人たちのための会社であり、

  • グラフィックデザイン
  • プロダクトデザイン
  • WEBデザイン
  • 建築デザイン

などのデザインに携わる方たちのための求人サイトも立ち上げています。

デザイナーとして働きたい人たちの働ける場所を提供しているようですね。

アシスタントディレクターとして働いてましたが、2009年に退社しています。

 

「超」整理手帳を出版

現在はフリーランスとして活躍されています。

広告デザインや商品開発まで幅広い分野として活動されており、様々な作品を生み出しています。

そして小泉さんは手帳の出版にも携わっていました。

 

「超」整理手帳は1996年に野口悠紀雄一橋大学教授が1996年に考案した手帳です。

こちらの2012年、2013年、2014年の手帳に携わっていますね!

サイトで2016年や2017年の販売もされていたので、こちらも制作されていたのでしょうか?

『「超」整理手帳×SHOT NOTE 2014』についての記事もありました。

また他にも

  • Jeepオーナーを掲載した大型駅看板を制作
  • 「Renegade」のスペシャルイベントの空間演出を担当
  • 他にも広告デザインを多数担当

という経歴があります。

日常的に身の回りにあるものばかりなので驚きでしたね…。

以下のサイトでデザインを見ることができますので是非!

→小泉貴之さんの作品展示サイト

 

小泉貴之さんの妻への対応がイケメン過ぎる

2016年2月、小泉さんの妻であるだいたひかるさんが乳がん治療の手術を受けたことがあります。

その闘病生活は長く、術後から3年経ってもまだまだ治療が必要な状態でした。

そんなだいたひかるさんを支えていたのが、旦那である小泉貴之さんです。

 

だいたひかるさんの闘病中、小泉さんは「自分は非力だ」と語っていました。

“妻が大変な思いをして闘病しているのに、どうすることもできない事態を目の当たりにしてもできることがない”

そういった気持ちが出てお互いネガティブになってしまったことがあるようです。

 

ですがだいたひかるさんはすさまじい闘病生活もギャグへと転換させて発信していました。

小泉さんもそういっただいたひかるさんの意思を汲んで

「笑いに対してギャグを返す」

というユーモアと気遣い溢れる言葉をかけていたとのことです。

 

ですが支えたいという気持ちに変わりはなく、

「落ち込んだ時には頼ってほしい」

「絶対治るから大丈夫」

と声を掛け続けていたそうです。

闘病しているのはだいたひかるさん自身なので、自分にできることは何かと考えたからこその言葉なのでしょう。

 

もちろん私生活でもしっかり支えていると思います。

ですが小泉さんの言葉から察するに、だいたひかるさんはあまり弱音も吐いたりしなかった様子も垣間見えます。

なかなか頼ってくれないからこそ、少しでも妻がラクになるような言葉をかけていたのでしょうね!

特に小泉さんのアメブロを見ていると夫婦生活の仲睦まじさがわかって微笑ましいです。

 

本人いわく、ガチの喧嘩も多いとのこと。

衝突が多いからこそ相手の本音も見えてくるということなのでしょう。

そんなお二人は仲直りの仕方も心得ているようです。

お互いを理解して言いたいことを言える部分があるからこそ、夫婦円満にやっていけているのでしょうね!

 

小泉貴之さんのプロフィールや経歴についてまとめ

ここでは小泉貴之さんについて、

  • 生年月日などのプロフィール
  • 高校は安田学園高等学校、大学は日本大学理工学部出身
  • イギリスでデザイナーとして活躍
  • フセイン・チャラヤンさんのもとでプリントデザイナーをしていた
  • 妻への心遣いがイケメン過ぎると話題になった

ということが調べてみてわかりました!

 

外見も内面のイケメン過ぎる小泉貴之さん。

闘病生活の妻を支えることは簡単ではないと思います。

実際に支援しようとしても空回りしてしまうこともあるでしょう。

ですがそんなこともなく、小泉さんはできることをしようと努力して実際にだいたひかるさんの助けになっています。

本当に尊敬できるすごい方ですよね!

今後の活躍も応援しています!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました