石川清のひきこもり支援の経歴は?出身や学歴もwiki風に紹介!

有名人
スポンサーリンク

世の中では引きこもりが深刻化しています。

過去には引きこもりで事件が起きてしまったり、というのもありましたね。。。

親御さんは日々心を痛めていて、引きこもり自立支援センターなどに頼んでいるケースもあるようです。

 

そんなひきこもりを支援しているのが、石川清さん。

詐欺まがいなものが多い世の中、真摯に向き直ってくれるサポーターをしています。

心を閉ざしてしまう人には

 

ここではそんな石川清さんについて

  • wiki風に出身地や学歴、経歴について
  • どんなサポートをしているのか?

などについてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

石川清さんのwiki風プロフィール

出身地:埼玉県
生年月日:1964年
学歴:川越高等学校
上智大学 文学部史学科
勤務先:フリーライター、ジャーナリスト
以前の職業:NHKの記者
主な著書:「ドキュメント・長期ひきこもりの現場から」

現在はひきこもり訪問サポート士として活躍されています。

 

大学時代にフィリピンのスラムに住んでいた石川清さん。

そこから、

  • 日本とアジアの関係
  • 人間と社会の亀裂

について、アジア各国を歩きながら考え続けていました。

ODAやものの繋がりを通してアジアと日本のかかわり方を取材したりもしてきたとのこと。

大学の頃から思うところがあったということですね!

 

石川清さんのひきこもり支援の経歴

石川清さんは2000年から長期ひきこもりの支援に関わり始めています。

ひきこもりについての講演を開催

寺子屋ふぁみりあなどでひきこもりについての講演を行っていました。

ここで話をされた内容は本当にひきこもりについて、重くとらえている石川清さんならではでした。

 

なんと石川清さんは、年間で最大1000回にものぼる家庭訪問を行っているとのこと。

逆にこんなに訪問が必要なほど、ひきこもりの現実は重いということですね。。。

 

ひきこもりの子供たちと海外などへ旅行もしているようです。

これは日常とは違う環境で自分自身を見つめなおす機会も作っているとのこと。

 

ひとりひとり丁寧に対応することで、長期のひきこもりも改善できると説いていました。

自立するための条件やひきこもりの解決にむけて、とくとくと公演されていましたね~。

 

現在は「CVNひきこもり支援の集い」を主宰

CVN(コミュニケーション・ボランティア・ネットワーク)はひきこもり支援のための集いです。

ひきこもりの当事者や家族に対して訪問サポート、個別相談、カウンセリングなどを催しています。

 

CVNのブログがあるのですが、そちらでもひきこもりについて色々と説明されていました。

自身の経験や間違った対応をしたときにどうなってしまうか、など重要なことがたくさん書かれています。

 

以前のニュースで話題になった、

「ひきこもりを改善させようとして息子を預けたら…」

という事件がありましたね。

ああいうことを引き起こさないためにも、一番大切なのは家族や親身になってくれる人がいてくれることです。

そういうことを文章でも見る事ができるので、一度ブログを見てみてはいかがでしょうか!

 

ちなみに本も出しておられますが、その本も非常に評判が良いようです。

皆がひきこもりについて考え、中には

「ひきこもりだったことを思い出すと今でも不安になる。でも今後のために読んでよかった」

という感想もありました。

 

人と一対一で接するようにするのは、キレイゴトでできることではありません。

言うのは自由ですが、それに対してよく考え実行へと移しているのが石川清さんなのです。

 

石川清さんの出身や学歴などのwiki風プロフィール、ひきこもり支援の経歴などまとめ

ここでは石川清さんについて、

  • 出身や学歴などのwiki風味のプロフィール
  • ひきこもり支援での経歴は2000年から始まった

ということがわかりました。

 

この方は心理カウンセラーなどではないはず。

ですが実際にひきこもりについて考え、しっかり直面することで解決しようとしています。

こういう方がいてくれるからこそ、救われる人がいるんですよね!

今後の活躍も応援しています!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました