飯尾竜太朗は嫁はいる?移籍入籍後の怪我の原因は?

スポーツ
スポンサーリンク

2019年12月25日、ベガルタ仙台は飯尾竜太郎選手の契約を更新したことを発表しました。

飯尾竜太朗選手は2019年にベガルタ仙台に入籍していますね。

以前はファーレン長崎で活躍されていました!

契約が更新されたようで、安心したファンの方もいらっしゃるはず!

 

そんな飯尾竜太朗選手ですが、結婚ってされているのでしょうか?

嫁さんがいるのなら気になりますよね~。

 

そして今年移籍したばかりでしたが、入籍後に怪我もしてしまったりしました。

その怪我の原因とは??

それについても、少し考察してみました!

 

スポンサーリンク

飯尾竜太朗選手には嫁さんも子供もいた!

結婚どころかお子さんもいらっしゃっいました!

どんな嫁さんなのでしょうか??

 

飯尾竜太朗選手の嫁さんについての情報を探してみました。

が、一切情報がありませんでした!

ということは一般人の方なのでしょうね~。

 

ちなみにお子さんは2019年5月27日に第一子が誕生しています。

女の子だそうです!

この時にコメントで、

 

「無事に女の子を産んでくれた妻。

そして元気な産声を聞かせてくれた娘に本当に感謝しています」

 

とコメントされているんですよね!

これを見るだけでも、嫁さんがどれだけ飯尾竜太朗選手に大事にされているのかがよくわかります!

 

子供が産まれたことを喜んでくれる父親はもちろん多いです。

でも妻に対する感謝って、なかなか言葉に表せないこともあると思うんです。

照れくさいとか、心の中では感謝していてもなかなか言えませんよね~。

でも飯尾竜太朗選手はこれをさらっと言っているんです。

日頃から感謝の心があるからこそ出る言葉ですよね!

 

嫁さんの画像などもありませんでした。。。

ですがこんなに愛されて、とても可愛らしい嫁さんなんだと思います!

もしくは現役活躍中の選手を支えるぐらいだから、とても腕っぷしの強い女性なのかも!?

うーん、考えれば考えるほど気になってしまいます(笑)

 

べガルダ入籍後、後方インピンジメント症候群で全治約8週間の大怪我

後方インピンジメント症候群を両足首に患っていました。

結果全治約8週間という結果に。。。

 

症状として、

骨にできたとげが他の骨に接触し、別組織を挟み込んでしまい痛みが出る

というものだそうです。

 

これが起こりうる原因は、

足関節を底屈(足首を伸ばすこと)しすぎて、足首の後ろ側を痛める

ということが原因になっているようです。

サッカー選手ではよくあることだそうですよ~。

 

サッカーは本当に足首を使う競技です。

走り込む時やボールを蹴る時。

あとキーパーは跳躍力も必要になりますよね。

特にボールを蹴る時は踏ん張る力も加わるため、相当負担がかかっているように見られます。

 

実際に足関節や足首の骨の状態がおかしい状態でプレーすると、骨が他の骨との間に挟まってしまいます。

それにより炎症を起こして痛みになるんだとか。

 

きっと一生懸命プレーしたり練習したりしていて、骨の状態もわかりづらかったのでしょう。

というか普通にわかりませんよね、骨の状態なんて。。。

もちろん普段から気を遣っているとは思いますが、それでも負担がかかってしまうものは仕方がないですよね。

 

飯尾竜太朗選手の嫁さんや移籍後の怪我の原因についてまとめ

飯尾竜太朗選手について、

  • 嫁さんは一般人と推測されるが、とても愛されている模様!
  • お子さんも長女が一人いる
  • おそらく足首の使いすぎが原因となり、後方インピンジメント症候群で全治約8週間の怪我をしていた

ということがわかりました!

 

でもサッカー選手ならこの後方インピンジメント症候群という怪我、いつ患ってもおかしくないですよね。。。

なんでもバレエでもこの怪我を発症しやすいんだとか。

今後も幸せな家庭を築きながら、怪我なく活躍してくれるのを見守っていきたいですね!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました