アンソニー・シニスカ・ギンティンの年収や身長は?ネックレスにも着目!

スポーツ
スポンサーリンク

12月15日のバドミントンのワールドツアーファイナル最終日。

桃田賢斗選手がアンソニー・シニスカ・ギンティン選手に勝利しました!

男子シングルスでは桃田選手は世界1位、ギンティン選手は8位です。

なのにギンティン選手のこの食いつきはすごいです!

桃田選手もすごいのですが、1位の選手に8位の選手が対等に渡り合えているって本当にすごいと感じます!

そんなギンティン選手の身長や年収、身につけているネックレスについて調べてみました!

 

スポンサーリンク

身長は170センチ!

そんなにめちゃくちゃ高くはないんですよね。

身長が高い方がリーチは長くなって有利になるかもしれません。

ですが逆に、そのリーチの長さが仇となり自分の身体の近くにきたスマッシュに対応できないケースも。。。

ギンティン選手自身は反射神経がよく、今回の試合でもすごい食らいつきを見せていました!

 

身長がなくても8位をとれているのは彼自身の努力があるのはもちろんです。

ですが、身長が露骨に高くなくてもやっていけると証明してくれています!

ちなみに体重は66キロ、利き手は右だそうです。

 

年収は1000万円ぐらいと予想

というのも、彼のスポンサーについていたとしたらそれもまだわかっていません。

ですがバドミントン選手の年収は最大で500万円ぐらい。

そしてギンティン選手は結果を多く残しています。

大会で上位を取った場合、1000万円ぐらいにはなるのではないでしょうか?

 

1位の桃田賢斗選手の年収は2000万円以上あるとのことです。

これを見る限り、ギンティン選手も1000万円ぐらいは年収がありそうですよね~。

 

ネックレスはインパルスネックレスという医療用ネックレス!

クリオという、スポーツ専門のオンラインショップで購入しているようです。

値段はおおよそ15,000円から20,000円程度です。

でも今回の大会ではつけていなかったのでしょうか?

ウェアに隠れて見えなかっただけかもしれませんが、つけてるように見えませんでしたね~。

 

ネックレスと一緒にブレスレットもクリオというショップで購入しています!

そういえば桃田選手も首にネックレスをつけていましたね!

同様にクリオから購入している可能性が高いです。

 

バドミントンの選手は、医療用ネックレスで筋肉を揉み解したりしているようです。

なるほど、ブレスレットとか邪魔じゃない?とか思ったのですが、そういうことだったんですね!

 

身長や年収、身につけているネックレスについて

ここでは、アンソニー・シニスカ・ギンティン選手が

  • 身長は170センチ
  • 年収はおおよそ1000万円ぐらいと予想
  • ネックレスは医療用のインパルスネックレス

ということをご紹介しました!

年収については不確定ですが、あんなにすごい選手であればそのぐらいがっつり稼いでいそうです(笑)

ギンティン選手の今後の活躍も期待しています!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました