ギャンパレ分裂の理由はサキ脱退?今後や世間の声も気になる!

芸能人

3月28日、『GANG PARADE』が2つのチームに分かれて活動することが決定しました。

『GO TO THE BEDS』『PARADISES』というグループ名。

キラ・メイさんがギャンパレに昇格、ワキワキワッキーさんがWAggに加入した途端の発表でファンからも驚きの声が上がっています。

ちなみにキラ・メイさんはPARADISESに加入されますね。

 

今回の分裂の理由についてもWACKオーディションで開示されています。

公式で理由が公表されているのはとても心強いですね!

今回はその分裂の理由について、

  • 分裂しなければならなかった内情について

を調べてみたいと思います。

 

ギャンパレ分裂についての理由と内情

今回分裂した理由とは、

  • ギャンパレと括りから離れて自分たちの在り方を考え直す
  • 未来に進むために形を変えて活動する

ということでした。

一体何があったのでしょうか?

 

カミヤサキさんの脱退がきっかけ

これはまぁ当然といえば当然なのでしょう。

誰しも予想できたことだと思います。

 

カミヤサキさんは引退を発表した際に、

  • ギャンパレを引っ張っていく力がなくなった
  • 自分がギャンパレにいることがグループにとって最善であるのかと考えた
  • ギャンパレはもう自分のグループではなくみんなのグループであること
  • みんなが作っていくギャンパレを見守っていく立場になりたい

といったことを明かしていました。

 

これを見るだけでも、カミヤサキさんが今のギャンパレの在り方に悩んでいたのがよくわかります。

3人4人であればまとめることはできるかもしれませんが、ギャンパレはすでに10人近いグループとなっています。

これらをすべてまとめるというのはとても大変なことでしょう。

 

途中で脱退者もちらほら出ていたこともあり、自分の力不足だと自責の念に追い込まれていたと思われます。

ちょっと疲れてしまった部分もあるのでしょうね…。

こうしたカミヤサキさんの『みんなのグループであり、みんなが作っていくこと』という意向を汲んで少しでもまとまりやすい形をとったのかもしれません。

 

チームをまとめやすくするための分裂

リーダーとして今までカミヤサキさんがいました。

色々と頼られていた部分もあると思います。

それも5月からはなくなってしまうため、「少しでもチームをまとめやすい形にした」というのが分裂のきっかけとも思われます。

 

今まではカミヤサキさんが引っ張ってきましたが、逆に言えば「副リーダー」のようなものが存在しなかったように見えますよね。

逆に言えば、「カミヤサキさんがいたからチームが個性を全面に押し出してのびのびと活動できた」ともいえます。

そういった面での心の余裕もあって『不仲』などの噂も立たなかったのでしょう。

こんなに人数がいてそういう噂が立たないってすごいですよね…。

 

ですがカミヤサキさんがいなくなる今後はそうはいきません。

“一人一人がのびのびと活動を行う”ではなく

“メンバーみんなが自主性や今後のチームの運び方について考える”

ということが必要になってきます。

 

もちろん今まで丸投げしていたわけではないと思います。

ですがリーダーがいるのといないのとでは、誰しも心の持ち方は違ってきますよね。

カミヤサキさん自身もおそらく「窮屈な思いをして活動をしてほしくない」と気を配っていたのだと思います。

 

そういった支えがなくなってしまうからこそ、

“どうすれば今のチームが売れるようになるか”

“今後のチームの運び方についてどうするか”

“自分の役割は何なのか”

ということを考えなければいけなかったのだと推測されます。

 

まとめ役がいるのといないのとでは心の在り方もだいぶ変わってきます。

メンバーでありながらも、自立させるために必要なことだったのでしょう。

 

ひとりひとりの個性を出していくため

1つのグループの人数が多くなればなるほど、「ひとりに対する注目度」が分散されやすくなることがあります。

これは他のアイドルグループにもいえることですが、

“人数が多すぎて覚えられない”

ということってありませんか?

 

私は初めてのアイドルグループを見た時に、「人数が多すぎて名前も顔も覚えられない」ということがよくあります。

「歌はとても好きだしファンになりそうだけど人数が多すぎて誰が誰だかわからない…

と愕然としたことも過去にあります。

 

これは”初めて見た”という点が重要で、

「新しいファンをつける」

ということに繋がると考えています。

もしかしたら分裂の一端にこういった部分もあるのかもしれません。

 

ですがこうして分かれることで、一人ずつフォーカスされやすくなるでしょう。

少人数の中で個性を全面に出すことで、

「この子のファンになりたい!」

と関心を持つこともできてとてもとっつきやすい印象になります。

新しいファンがつくことで売り上げも増えますし、メンバーを覚えてもらうこともとても重要だと思います。

 

今まで個性を押し殺していたメンバーの方もいたかもしれません。

多人数のなかで調和を乱さないように、自分を抑えていた可能性などもありますよね。

今後はそういった個性も押し出しやすくするために、あえて分裂したとも考えられます。

 

メンバー一人ずつの成長を促すため

これは個性を育てるためにも、という部分があると思います。

母数を減らすことで“今まで埋もれていた才能を開花させる”目的があるのかもしれません。

 

もちろん今まで才能を見せていなかったということはないと思います。

ですが人数が多いといくら才能を開花させても目立ちづらく、

「開花していてもわからない」

ということがあったのかもしれません。

 

だからこそ今回のように分裂させることで、

  • のびのびと活動することで一人一人が成長しやすい場所を作る
  • 成長した際にわかりやすくする

という効果も期待されますね。

 

全員の成長を手早く促すために小人数ずつで見ていく必要があると感じたところがあったのでしょう。

今後のギャンパレの伸びしろが期待されるところですね!

 

ギャンパレは今後どうなる?

今後もずっと2つに分かれたままなの?

と不安に思う方も多いでしょう。

ですがメンバーの一人であるテラシマユウカさんからこんなメッセージもありました。

この表明を見てみると、

またギャンパレとして再結成する可能性もある

とも見られますよね!

 

ここについてはメンバーのなかでも考え方が違うかもしれません。

もしくは今は「ギャンパレを再結成したい」と考えていても、分かれて活動するうちに「このままが良い」と感じてしまう可能性もあります。

グループで活動してお互いを知っていくうちに「他の人に割り込まれたくない」と思う部分も出てくるでしょう。

 

ですがテラシマユウカさんのこのコメントを見る限りでは、

「今は別れてしまうけど、ギャンパレとして活動することは諦めていないからこその分裂である」

という非常に前向きな見方ができますよね。

リーダーが不在となるからこその一時措置であって、再びまとまって活動したいという意思の表れに見えます。

 

ですが今回の分裂は前向きな姿勢なものだと思うので、将来またギャンパレを再結成してくれるかもしれません。

「GO TO THE BEDS」と「PARADISES」の頭文字をとると「GP」となることから、

 

ギャンパレというグループを消す気はない

 

という意思表明にも見えますよね。

覚えてもらいやすいという観点からこうしたのかもしれませんが…。

前向きに見てしまうとまだまだ希望があるようにも思えてしまいますよね!

 

ギャンパレ分裂に対する世間の声

今回の分裂の件で驚かれている方も多いです。

世間の声も賛否両論で、

  • カミヤサキさんがいなくなってしまうし仕方がない
  • 分裂しても今後も応援していきたい
  • 一緒に歌っている姿が観れないのは悲しい

という声が上がっています。

悲しみや驚きの声が多いといった印象でしたね。

まぁこうなりますよね…。

ハルナさんやカミヤサキさんの脱退もあるので、驚きや複雑な心境といった具合なのでしょう。

 

ギャンパレ分裂についてまとめ

ここではギャンパレの分裂について、

  • カミヤサキさんの脱退が主な原因と考えられる
  • チームをまとめやすくするための分裂
  • 個性を出したり成長を促しやすくするため
  • 今後は「ギャンパレ」として再び活動する可能性もある
  • 世間からの声も賛否両論だが応援したいとの声が多い

ということがわかりました。

 

カミヤサキさんやハルナさんの脱退はとても残念です。

ですが2グループに分かれたギャンパレについても今後が期待されます。

色々と大変なことも多いと思いますが、これからも応援していきたいですね!

 

ハルナ・バッ・チーンさんの脱退についてはこちら!

ハルナバッチーンはなぜ脱退?不仲など理由や原因について推測!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました