愛猫がカリカリを急に食べなくなった!食べさせるための3つの簡単な方法!

スポンサーリンク

猫って本当気まぐれで、急にふっと今まで食べていたものを食べなくなる時があるんです。。

でもカリカリは猫自身の健康のためにもちゃんと与えたほうがいいんです。

特に腎臓サポート用はカリカリタイプのものも多いです。

せっかく買ってきたのに食べなくて八方塞がりになったこともしばしばあります(泣)

ここでは

  • 困った時に食べさせる方法
  • 食べさせるときの注意点

を載せていきます。

スポンサーリンク

食べさせる方法

お湯や水などでふやかして与える

お湯で水でふやかして食べやすくする方法です。

 

猫がカリカリを食べない原因の1つに、硬さが気になるという点があります。

老猫などは特に歯が弱って硬いものが食べづらくなってしまったりするんです!

ふやかして柔らかくすることで、食べやすさを促すことができます。

ただし、ふやかすとカリカリ自体が膨らんで量も増えるのでご注意ください!

 

我が家も昔一度食べなくなったことがあって、お湯にふやかして試したことがあるんです。

そうしたら結構量が増えてしまって、与えた時に思った以上に大量になってしまったことが。。。

1粒の大きさが小さいので油断していたんですよね~。

で、確かに柔らかくはなったんですが、さすがに膨張しすぎて全部は食べきれませんでした(笑)

なので、粒の大きいフードをふやかすときは特にご注意ください!

とんでもない量になって猫自身が食べきれなくなって残すことになります。。

 

あとふやかしすぎても香りが飛んでしまって、匂いで食べてくれない可能性もあります。

なので硬さを見て少しずつふやかしてみてください!

どの程度であれば食べられるのか、そういった見極めも大事です!

 

我が家の猫はちょっとだけふやかしたら少しだけ食べてくれたことがありました。

あとお湯でふやかす場合は熱さにも注意してください。

あくまで猫は猫舌なので(笑)

砕いて他のご飯に混ぜる

これが意外と有効でした。

 

しっかり砕いてからウェットのご飯に混ぜると食べる事食べる事!

チキンテイストのカリカリだったので、チキン味のウェットに混ぜたら完食してくれました!!

 

我が家は念のため、混ぜた上にウェットの身も潰してほとんどわからなくして与えました。

ウェットのご飯でもたまに身がゴロッと入っていることがあるので。。

中途半端に混ぜると食べなくなるので、しっかり混ぜるようにしてください!

 

砕き方は簡単。

  1. ビニール袋を二重にして、その中にカリカリを入れます。
  2. 袋の口は閉じずにその上から綿棒などの棒状のもので軽く叩きます。
  3. 叩いたあとは生地を伸ばすような感じで棒を転がして細かくしていきます。
  4. 粉状になるまで細かくします。
  5. あとはそれをウェットにしっかり混ぜて与えるだけ!

簡単にできるので是非一度お試しあれ!

手のひらから食べさせる

うちの老猫の現在一番有効な食べさせ方です。

 

急にカリカリを食べなくなって、ふやかしても砕いてもうまくいかなかったことがあったんです。

味が気に入らないのかな、と考えて変えてみても結果は同じ。。。

で、見てみたらどうやら器が硬いので食べこぼしが出ている模様。

 

確かに歯が脆くなってきたり食べ慣れないと、すぐこぼしてしまうんですよね。。

うちの猫がへたくそなのか、一般的な猫がそうなのかはわかりませんが…。

 

口で銜えるまでがちょっと大変そうで、何度も同じところに顔を突っ込んでいたりします。

上手く銜えることができてもすぐに落としてしまいます。

ならば土台を柔らかくしてあげて銜えやすくしようということで、手から与えてみることに。

 

そうしたらがっついて食べてくれるようになりました!

 

お腹が空いていることもあって、すごい勢いでがっついていました(笑)

美味しいのか腹が減っただけなのかわかりませんが、半鳴きで食べてます!

にゃんにゃん言いながら食べる姿も可愛いですね~。

でもたまに丸呑みしてるのがちょっとこわいです。。。

 

もちろん、途中でぽろぽろこぼしたり落としたりもしています。

でも手のひらから与えるので落としてもすぐに拾えますし、猫がすぐに次のご飯に着手できます。

 

見ている感じ、ご飯の食べやすさって猫にとって重要なようです。

というのも、普通に器から与えた場合と手から与えた場合だと、食べる量が全然違います。

 

その日の気分などがあるにしても、手から与えたほうが圧倒的に食いつきがいいんです!

食べようとしても食べにくそうと感じた場合は、手から与えるのは効果的ですね!

注意点

腎臓サポートやちゃんと体調を考慮したカリカリだと、ついつい食べてほしくて意地になっちゃいますよね~。

でも無理矢理食べさせるのはダメです!

あまり無理をさせてしまうと逆に食べなくなってしまうことがあります。

 

猫にも気分や、食べられない事情ってあるんです。

まぁ単に好き嫌いもあるかもしれませんが。。。

好き嫌いで食べない場合は、細かく砕いてウェットに容赦なくぶち込んで食べさせてください(笑)

 

その食べられない事情っていうのは、

  • 口の中が怪我しているなど異常がある
  • 食欲がない
  • 胃や腹の具合がよくない

などがあります。

こういう場合はちゃんと動物病院に連れていきましょう。

 

気分で食べない時も、無理には与えないようにしてください。

そういう時は2、3日だったり数時間と、時間を置いて与えてみましょう。

 

猫の気分って唐突に変わるもので、ちょっと時間空けたら

「やっぱ食べるかぁ」

って感じで普通の顔をして食べてくれます!

 

口の中の異常を疑ったり、時間を空けることを心がけましょう!

まとめ

カリカリの有効な与え方として、

  • お湯などでふやかす
  • 細かく砕いて、さらにウェットフードに混ぜる
  • 手から直接与える

の3つです。

また、注意する点としては

  • 無理に与えない
  • 体調を考慮する

の2点です。

無理なく、安心してカリカリのフードを与えていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました