大きな猫の大型システムトイレはデオトイレ快適ワイドがおすすめ!メリットやデメリット、簡単にできる切り替え方を紹介します!

ペット

猫のトイレっていつも迷っちゃいますよね。
特に困るのが、

“猫に大型トイレを買ってあげたいけど、どんなトイレがいいんだろう”

という悩みです。
そこで私が推したいのは

ユニ・チャームのデオトイレ(快適ワイド)です!


このユニ・チャームのデオトイレ快適ワイド、大型猫のトイレの切り替えに非常に最適です。

こんな人は読んでみて!
  • 大きな猫用のトイレが見つからない
  • デオトイレを買ってみたいが、セット内容やサイズが気になる
  • 砂の大きさや種類はどんなものなのか
  • 既存のトイレから他のトイレへの切り替えが心配だけど大丈夫なのか

など、メリットやデメリットが知りたい

安い買い物ではないので、買う前に検証したいという人も多いはず。
なのでここでは、

  • デオトイレ 快適ワイドの内容
  • 砂はどんなものなのか
  • トイレの切替はどうなのか
  • 他メリットやデメリット

についてご紹介していきます!

猫の大型システムトイレ「デオトイレ 快適ワイド」の内容

デオトイレの内容は以下のようになっています。

デオトイレ 快適ワイドのセットの内容

デオトイレワイドのセット内容
  • 本体1台(トイレカバー・トイレ土台)
  • 飛び散らない消臭・抗菌サンド2L×2袋(トイレ砂)
  • デオトイレシート4枚(約一ヶ月分)
  • ウンチ専用スコップ

消臭・抗菌サンドとはデオトイレ専用のトイレ砂です。
他にもデオトイレ用には緑茶入り消臭サンドなどいくつか種類がありますが、デオトイレの付属品は消臭・抗菌サンドのみです。

デオトイレ 快適ワイドのサイズについて

サイズに関しては以下の通りです。

デオトイレワイド本体のサイズ
  • 高さ(一番高いところ)…約35cm
  • 幅…約70cm
  • 奥行き…約47cm

かなり大きいので、全長50センチぐらいの猫であれば余裕で入れます!
ただ70センチぐらいの超大型サイズの猫には難しいかもしれません…。

トイレの砂(デオサンド)の詳細

デオトイレには専用の砂が用意されています。
トイレを切り替える時やトイレの砂を変える時は、

  • 砂の大きさ
  • 砂の素材
  • 替える頻度
  • 値段
  • 吹き飛びやすさ

などが気になるのではないでしょうか。

“砂をたびたび替えるのは大変”
“大きさが小さすぎると足の指の間に入ってしまう”
“砂の吹き飛ばしがひどくならないか心配”

などなど。
なので実際の大きさや成分を調べてみました。

デオサンドの一粒の大きさ

デオサンドと一円玉を比較してみました。

デオサンド2粒と一円玉の比較

デオサンドって結構粒が大きめなんですよね…。
結構大きめの粒なので、軽い砂が好きな子にはちょっとつらいかもしれませんね…。
ただ大きい分、猫の口に入りにくい形状なのでそこはありがたい部分ではあります。

デオサンドの素材

デオサンドの素材は、ゼオライトとシリカゲルでできています。
消臭成分の高さをうたっているだけあって、臭いを消してくれるものが主成分なんですね。
ゼオライトもシリカゲルも、においを吸収してくれて消臭には最適です。

この素材のデメリットは、木などに比べて固まりにくい点です。
捨てる時に尿で濡れた分だけスコップで拾って捨てるようにしましょう。

ちなみに鉱物系なので鉱物系のトイレ砂が好きな猫には最適ですね!
猫が気に入るトイレ砂は鉱物系が多いので、そこも非常にありがたいですね!

砂を替える頻度

砂を替える頻度としては、一ヶ月に1回全量を取り換えることを推奨しています。
逆に言えば基本的に一ヶ月は替える必要はないということなんですよね。

使ってみたところ、確かに頻繁に替える必要はなさそうでした。
替える時があるとすれば、

  • ウンチがついて砂が汚れてしまった
  • 尿で砂が濡れてしまった

という時ぐらいでしょうか。
そういう時は一部だけ替えて、あとは一ヶ月に1回全量替えてあげるのが良いと思います。

砂の値段

付属品はありますが、いつかは砂を追加購入する必要が出てきます。
そんな砂の値段はいくらぐらいなのでしょうか?

今は4リットルと2リットルの砂がありますが、他の猫砂よりも少し割高となっています。
消耗品なので4リットルを買うことをオススメします!

また、ネットで買えば最安で1,000円前後で購入することが可能です。


ホームセンターやスーパーでも売っていることも多いです。
地元のホームセンターで4リットルサンドを購入してみたところ、値段は1,375円でした。
送料込みで考えてもネットで買った方がオトクですね!
ネットなら家に届けてもらえるので、重たい砂を持ち運ぶ必要もなくなります。

砂の吹き飛びやすさ

砂の吹き飛びやすさとしては、

普通の砂よりは吹き飛びにくい

というのが結論です。
あくまで吹き飛びにくいというだけで、まったく吹き飛ばないということはないです。

大きさもそこそこあるので普通の砂のように猫の手の間に挟まることも少なく、砂自体にもほどほどの重量があります。
吹き飛びにくい仕様になっているので、吹き飛びの心配もないでしょう。

たまーに吹き飛ぶことがありますが数粒だけです。
粒が大きい分拾って捨てるのもラクなので、掃除も簡単なんですよね!

猫の大型システムトイレ「デオトイレ 快適ワイド」のメリット

デオトイレを実際に使ってみたところ、色々な特徴が見られました。
切替を考えているのであれば参考にしてみてください。

体長50センチの猫でも広々使える

デオトイレの幅はおよそ70センチです。
よく猫トイレの大きさを調べた時、「猫のトイレは体長の1.5倍」というのを聞きますよね。
なのでデオトイレの大きさは、体長50センチぐらいの猫にはちょうどいいと思います。

市販で出ているトイレって幅が50~65センチぐらいのものが多いんですよね。
それでも使えないことはないのですが、

「猫が成長した時にも長く使いたい!」

と考えるとあらかじめ大きいトイレを買っておくべきです。
1歳を超えると身体の大きさもさほど変わらなくなると聞いたことはありますが、実際はどうなるかわかりませんから…。
(実際に我が家の猫も1歳超えても普通に身体がでかくなってました…)

砂やシートの取り換えの頻度が少ない

デオトイレは砂とシートの取り換えが少ないのも長所です。
基本的に、砂は一ヶ月に1回全量交換、シートは一週間に1回交換です。

猫トイレの悩みはいろいろとありますが、
砂やシートを頻繁に切り替えないといけない
というのも悩みのひとつです。

砂やシートは数日替えないと、それだけで臭いが充満してしまいます。

「忙しくて砂を替える余裕がない…」
「シートを頻繁に買い替えるのが大変…」
「でも替えないと臭いがひどくなる!!」

そんな悩みも解決してくれています。
猫はトイレを綺麗にしておかないとすぐ粗相をしてしまうので、本当に大変ですよね。

トイレが汚いと粗相しちゃう原因にもなるんだよ~!

忙しくて替えるのが大変な人にはすごくありがたいです。

ですが以下のことに注意する必要があります。

  • ウンチなどで汚くなった部分の砂は捨てること
  • シートの状態を確認して、必要であれば向きを変えておくこと

シートに関しては3~4日に一度、汚れの状態を確認しましょう。
シート自体の取り換えをする必要はありませんが、消臭効果を保つために尿の落ちる位置を変えてあげる必要があります。

トイレ中央に穴があり、シートの左側に尿が落ちる仕様になっています。

シートの位置を変えてあげるだけで一枚で一週間はもちます。
実際に3日に1回ぐらいの割合でひっくり返してますが、おかげで臭いがほとんどしません。
シートも安価ではないので、この取り換えの頻度の少なさはありがたいですね!

消臭効果が高い

実際に使ってみたところ、臭いがさほど気にならないと感じました。

以前のトイレではウンチはもちろんのこと、尿の臭いも目立つことが多かったです。
特に梅雨の時期とかになるとまぁ臭いがひどいのなんのって…。
半日留守にしているだけで臭いが目立つ時もありました。

ですがデオトイレではあまり臭いが目立ちません。
我が家の猫はウンチに砂を掛けられないのでそれに関しては臭いが少し目立ってしまいますが、尿のほうはまったくといっていいほど臭いがしません。
どうやらシートにうまく吸収されているようなんですよね。
なので他のトイレに比べて消臭効果も多少は高いと実感しています。

トイレの切り替えが高確率で上手くいく

猫のトイレを替えたい時の悩みのひとつですね。
これは猫によって違いが出てきますが、

高確率で切り替えがうまくいく

ということがわかりました。
デオトイレの説明書にも、“91%以上の猫が慣れてくれました!”と明言されています。
我が家の猫も今はデオトイレに完全に切替が完了しています。

ただ最初はうまくいかないこともありました。
その時は以下の事を試してみてください!

切替が上手くいかなかった時に試した方法
  • 前に使っていた猫砂を少しだけ敷いてあげる
  • ウンコを少しだけ新しいトイレに置いておく
  • 念のため、トイレ周りにペットシートを敷いておく
  • トイレ砂をちょっと多めに入れておく

猫砂は、以前のものとデオトイレ用のものと混ぜるように入れておきました。
最初は新しいトイレに戸惑っていたようですが、数日も置いておけばデオトイレを使ってくれるようになりました。
前のトイレが小さかったこともありますし、広々と使えて気に入ってくれたのでしょう。

ちなみに今も周りにペットシートは敷いたままになっています。
トイレの入り口側でウンコをしてしまうので、たまに思い切り外へ掻き出してしまうんです…。

デオトイレ用の箱が猫の遊び道具になる

これはあくまでオマケです(笑)
箱が大好きな猫さんに、デオトイレの入っていた段ボール箱で遊んでもらうことができます!

快適ワイドの段ボール箱で猫カフェを開いてる可愛い子たちがいて、ついつい和んでしまいますね~。

切れ込みを入れて開けられる場所がいくつかあるので、そこを開いて猫カフェ使用にできるんです!
段ボールによく入る猫ちゃんが気に入ること間違いなしですよ~。

猫の大型システムトイレ「デオトイレ 快適ワイド」のデメリット

「デオトイレ 快適ワイド」にはデメリットもありました。
こちらは実際に使ってみて感じたデメリットもあるので、参考にしてみてください。

砂とシートの値段が高い

デオトイレを使用する際には、”専用の砂とシートをお使いください”と説明書に明記されています。
なのでデオトイレ用の砂とシートを揃えておく必要があります。

ですがこの砂とシートが意外と値段が高いんです。

今回の付属品となっているそれぞれの値段は、
『消臭・抗菌サンド 2リットル』はおよそ640円前後
『消臭・抗菌シート 4枚入』はおよそ355円前後
となっています。

ちなみに単独で買うなら、楽天よりも送料無料のヨドバシカメラで買う方が安いです。
私は容量の大きいものをまとめ買いするので、楽天で4,000円以上購入して送料無料にして購入するようにしています。

消臭・抗菌シート4枚入り10枚入り20枚入り
ヨドバシカメラ376円757円1470円
楽天(+送料)355円(+418円)707円(+418円)1,380円(+418円)
消臭・抗菌サンド2リットル4リットル
ヨドバシカメラ744円1160円
楽天(+送料)638円(+418円)993円(+418円)
楽天は同一ショップでの単価が安かったので、送料が一律になっています。

ヨドバシカメラは送料が無料なのが魅力ですね!
ただ楽天も、「39ショップ」と表示された商品を合計3,980円以上買えば送料が無料になるサービスがあります。
もし楽天で他にも買うものがあれば、39ショップと表示された商品で併せ買いして送料無料にしちゃいましょう!

専用の砂以外を使いにくい

今まで使っていた砂が使えなくなります。

デオトイレでは、専用のトイレ砂以外を使うのはあまり推奨されていないようです。
説明書には以下のような説明が書かれています。

専用品以外のものをお使いいただいても、性能が十分に発揮できません。
ニオイや尿モレなどのトラブルの元になります。

また、切替が上手くいかなかった場合は今まで使用していたトイレと砂を出してあげましょう。

こんな注意書きがあります。
要は、

「デオトイレ専用の砂とシート以外を使っても十分に効果が出ないよ!」
「トイレの切替が上手くいかない場合は元のトイレにまるっと戻してね!」

ということですね。
切替の成功率を90%以上を叩き出しているデオトイレですが、やはり馴染めない子もいます。
トイレが気に入らないと我慢してしまう子もいるので要注意です!

という点を踏まえて、
今までのトイレの砂は使いづらい
というのも大きなデメリットのひとつだと思います。

既存のトイレからの切替の成功例

トイレの切替の成功率が90%を超えているのがデオトイレ。

だけどやっぱり既存のトイレから切り替えるのは大変そう…。

私も実際こう思ってました。
慣れたトイレからすぐ変えられるのかどうかが不安だったんですよね。
猫のトイレの切替って結構大変なイメージありましたし…。

実際に試してみたところ、

ひと工夫必要だったものの切替はものすごく簡単に終わった

と結論が出ました。
いやほんと、思っていた以上にラクでした…。
私の場合はひと工夫が必要でしたが、何事もなく切替ができる子も多いでしょう。

ただちょっと躓いた部分があったので、切替が成功するまでの方法を載せていきたいと思います。

トイレの切替を簡単に成功させた方法

切替の成功にも個体差があるのでしょう。
我が家ではこの方法で切替を簡単に成功させることができました。
というのも方法はごく単純。

切替を成功させるまでに行ったこと
  • 前に使っていたトイレの砂を少し混ぜた
  • ウンコをひとかけら、新しいトイレに置いておく
  • 粗相をした場所に物を置いたり猫用除菌スプレーをかけておく

この3つです。
この方法は「猫のトイレの粗相」や「トイレの失敗」などの対処でも有効ですね。

特にトイレの砂を少し混ぜたのは一番効果的でした。
もちろん、最初は別の場所に粗相してしまうこともありました。
ですがトイレの砂を混ぜてからは「トイレをしていい場所」と認識してくれたらしく、徐々に慣れてくれたようです。

余談ですが、今でも念のためトイレの入り口のところにペットシートを敷いています。
たまにウンコをふっとばしてしまったりするんですよね…(笑)
慣れないうちは周りにペットシートを敷いて床へのモレを防止していく

砂を混ぜる量を少しずつ減らして慣らすことが大事です。
最終的にはデオトイレ専用の砂のみでトイレをこなしてくれるよう、様子を見ながら替えていきましょう!

デオトイレ快適ワイドについてまとめ

ここではデオトイレ快適ワイドについて載せていきました。

デオトイレ快適ワイドについて特に注目してほしいのが、

  • 全長50センチの猫でも広々快適に使うことができる
  • 消臭効果が他よりも高い
  • シートや砂を頻繁に替えなくても良い
  • トイレの切替の成功率が高い

の4点です。
また、砂もシートもネットで買った方が断然お得なので、ネット購入をオススメします!




また他にも、多頭飼い用のシートや香りつきのシートもあるようです。
(私はシートに匂いがあると猫が気にすると思って使いませんでしたが…)
用途別に買うようにしていきましょう!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました