ウルトラピルクラッシャーの使用感が最高!猫が錠剤薬を嫌がって暴れるので粉薬にしてみました。

バラエティ

猫の加齢に伴って薬を与える機会が増えてきました。

ですが猫に錠剤の薬を与える時、こんな悩みを抱えてはいないでしょうか?

 

“猫が錠剤の薬を飲まなくて困っている”

“口を開けてくれないし暴れるしどうしよう”

 

うちの猫も暴れることに非常に長けていたので、口を開けてもくれないし爪も立てられるしで散々でした。

固形物を無理矢理口に押し込むと泡を吹いたりして嫌がるんですよね…。

なので固形のままではなく、

粉にしておやつやウェットフードに混ぜてしまえばいい

という結論に至りました。

 

ですがここでさらに悩んでしまうのが、「どうやって砕けばいいの?」という点ですね。

錠剤は小さくて粉々にしづらいので、どうしようか迷っていたんです。

色々と探した結果見つけたのが“アペックス ウルトラピル・クラッシャー”という粉砕機でした。

今回はこちらの商品を実際に使ったレビューをしていきたいと思います。

 

実際にウルトラピルクラッシャーを使ってみた

今まで粉砕機など使ったことがないので、「本当に使えるんかな?」と半信半疑で買ってみました。

こちらが現物になります。

フタのほうの先端が尖っているので、これで錠剤を潰す訳なんですね。

大きさとしては手のひらに軽く収まる程度の大きさです。

子供でも扱える大きさですね!

 

薬をクラッシュさせるまでの流れ

今回は猫用の抗生物質の薬ということで、ちょっと小さめの薬です。

後で大きめの錠剤を粉砕したものも画像付きでご紹介しますね!

 

まず薬を容器の中にセットします。

セットしたらフタをして、2~3回ほどくるくる回してきつくなりすぎない程度に締めていきます。

 

下から見るとこんな感じです。

ちょっと見づらいですが、下に錠剤が粉状になって潰されていますね!

 

フタを開けた図と中身がこちらになります。

ちょっと固まりが見えていますが、締める際に力を入れすぎて粉状になったものが固まってしまったようです(笑)

もろっと崩れたのできちんと粉状になってはいるんですよ!

もし砕けていないようであればもう一度フタをして同じことを繰り返せば、さらに細かく砕くことができます。

 

流れとしては、

  1. 錠剤を容器の中に入れる
  2. フタをする
  3. フタを2~3回ひねって締める
  4. 粉になりきれてなかったらもう一回繰り返す

これだけです!

動画もあるようなので、そちらで一度確認してみるといいかもしれません。

粉にしてオブラートに入れてもよし、ちゅーるやウェットフードに混ぜてもよし。

丸飲みさせるよりもラクに薬を与えることができますよ!

 

取り残しは大丈夫なのか?

潰すのはいいけど「容器に粉が残ったりしないの?」と心配される方も多いでしょう。

容量が減ってしまったりしてはちゃんと効果が出るかわかりませんからね~。

ですがご安心ください。

ほぼほぼ取り残しはないことも確認しています!

暗くてすみません…

ちょっとだけ残ってしまっていますが、スプーンや匙で取ったらするっと落ちてきました。

…はい、力いっぱい捻った結果くっついちゃったんですね…。

 

というのも、こちらの商品は

取りこぼしも少ない

ということもウリにしています。

 

容器のネジ山が外側にあるため、粉が内側で絡むことがないんですね。

内側にネジ山があると粉がネジ山に絡んで取れなくなっちゃうこと、あるあるだと思います。

ですがこのウルトラピルクラッシャーならその心配もありません!

 

どうしても粉砕できない時の対処法

ウルトラピルクラッシャーのレビューを見ていたところ、

「どうしても粉砕できない」

というコメントも見られました。

 

確かに一番最初に使った時は「あまり砕けない?」とちょっと不審に感じたことがあったんですよね。

なので砕けないという時は以下のことを試してみるといいかもしれません。

  • フタを回すときに少し強めに力を入れて回す
  • 薬の位置を変えながら中で擦れやすいようにする

おそらくですが、粉砕できない原因は『締める力が弱い』ことと『中でちゃんと擦れていない』ということだと思います。

なのでちょっと捻る回数を増やしたり、薬の位置を変えることで解決する可能性もあります。

 

大きめの錠剤でも試してみた

せっかくなので他の錠剤でも試してみました。

今回は『パブロンゴールドA錠』さんにご協力いただきました。

こちらを粉砕していきたいと思います。

 

3回捻ってちょっと強めに締めました。

こうして見るだけでも結構粉々になっているのがわかりますよね!

 

取り出してみた中身がこちら。

ちょっと固まりが残ってますね…。

なので大きめの錠剤には、強めに締める作業を2回ほど繰り返してもらえば粉々になると思います。

下から粉の状態がある程度見えるので、錠剤の状態を確認しながら潰せるのもありがたいですね!

 

ウルトラピルクラッシャーを使用した感想

使ってみたところ、私自身は「砕きにくいな~」と思ったことはなかったです。

軽い力でくるくる回転させるだけで簡単に粉砕できるのがありがたいですね。

 

手入れの仕方も非常に簡単です。

水洗いや石鹸水洗いで洗浄するだけです。

しかもプラスチック製で、物自体が小さいので乾くのにもそんなに時間がかかりません。

 

あと懸念されるのが、

擦りすぎて傷がついたりしてその傷に薬が引っかからないか

ということでした。

これは使い道や使い方にもよりけりだと思います。

 

ですが毎日使ってみたところ、傷がついて中に粉が引っかかってしまったことは一度もありません。

使い始めて一年ぐらい経ちましたが、いまだに薬が中でくっつく傾向は見られませんね!

もちろんこれからもまだまだ現役です。

約1,000円で一年以上も使えていると考えると、「なかなかいい買い物をしたのかな?」と嬉しい気持ちになります!

 

ちなみに値段も楽天のこちらの商品が一番安かったですね!

これで粉状にしてウェットフードに混ぜて与えたところ、飲ませにくい錠剤の薬もぺろっと平らげてくれました。

もちろんタブレット錠であれば人用の薬でも活用できます。

子供や力の弱い人でも簡単に粉砕ができるのもいいですよね~。

 

ウルトラピルクラッシャーについてまとめ

実は粉砕機を使わなくてももう1つ砕く方法はあります。

というのも単純な話で、病院で粉砕してもらって分包してもらうということです。

ですがこの方法は非常にネックで、病院でもあまりオススメされませんでした。

(当時粉砕機がなく、無理を言って粉砕して分包してもらいました)

 

というのもこのやり方では

湿気を吸ってしまい品質低下を招くためオススメできない

ということでした。

ちなみに分包されたものがこちらになります。

しかも分包にしてしまうと、湿気を吸った時に袋に薬がくっついてしまうリスクもあります。

与える容量が少なくなってしまうリスクがあるんですよね。

 

ですが錠剤であれば粉状よりも湿気を吸うこともありません。

なので「与える直前に粉砕するようにする」ということで、容量が足りないという事故を防ぐことも考えました。

錠剤の薬が飲めない猫に困っている方や、薬が飲めなくて困っている方にもおすすめです!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました