番場秀一の東京事変や乃木坂46のMVがスゴイ!エレカシのMVまで?

有名人
スポンサーリンク

ドキュメンタリー映画「森山直太朗 人間の森をぬけて」の初日舞台挨拶。

それが12月13日に東京で開催されました。

その時に森山直太朗さんと、監督の番場秀一さんが登壇されたようです!

 

ところで番場秀一さんはどんなMVを作っておられるのでしょうか?

映像作家って映画監督も兼ねてるみたいで、どんなMVを作る方なのかすごく気になるんですよね~。

どのアーティストのどの曲を監督されていたのかも気になります!

なので、今回は3つのアーティストについて調べてみました!

動画つきで見てみましょう!

 

スポンサーリンク

番場秀一さん監督の東京事変、乃木坂46、エレカシの曲一覧

東京事変

修羅場


すべてが真っ白の独読な世界観を持ったPVです。

白い世界観を壊すことなく、メンバーのすべてに焦点が当てられています。

しかもその中で舞い散る赤がなんとも毒々しく、つい魅入ってしまいます!

 

乃木坂46

急斜面

白石麻衣さん、橋本奈々未さん、松村沙友理さんの御三家による曲です。

うっかり失敗してしまうバンド風景や、三人が仲睦まじく歌う光景が最高なんです!

バンドの道具が日常に溶け込んでいるPVになっています!

 

エレカシことエレファントカシマシ

桜の花、舞い上がる道を

桜吹雪がひたすらに綺麗ですね~。

春の桜が咲く時期に聞いて、リアルに桜道を歩きたくなってしまいます!

しかも幻想的に、桜が本当に地面から舞い上がって吹雪いているのがわかります。

 

幸せよ、この指にとまれ

夕焼けを背にして歌う姿に惹かれるものがありますね~。

夕方の街の人々が歩く光景や、日が暮れるもの寂しさを感じさせてくれます。

仕事終わりの時などに是非観て聴きたい曲です!

赤き空よ!


こちらも夕方を背景にしていますが、室内から夕方の光景を見ています。

ちょっと暗がりで夕日の光のみが窓から入り込む中で歌われています。

都会の日が落ちていく中、一人歌う姿に魅入られてしまいました!

 

明日への記憶


街の中の喧騒に揉まれて何を思うのか?

家について独り時間に飲まれて、時計の針が進んでいくことに意識が奪われます。

どこかもの寂しさすら感じさせるPVとなっていますね!

 

いつか見た夢を


曲調がテンポよく、元気になれる曲ですね!

歌としてというよりはメッセージに近い感じですが、とても前向きになれるんです!

落ち込んだ時などに聴くと心が晴れる気がします。

 

番場秀一さん監督の魅力的な曲たち

こちらでは、3つのアーティストについて番場秀一さんが担当されたMVの曲をご紹介しました!

  • 東京事変「修羅場」
  • 乃木坂46「急斜面」

そしてエレカシの、

  • 桜の花、舞い上がる道を
  • 幸せよ、この指にとまれ
  • 赤き空よ!
  • 明日への記憶
  • いつか見た夢を

を動画つきで見ていきました。

どのMVも独特で、アーティストのイメージに合ったものばかりですね!

今後も番場秀一さんの活躍に期待です!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました