安斉かれんの昔や経歴は?無表情だが笑顔のインスタ写真も見てみたい!

有名人
スポンサーリンク

浜崎あゆみさんの自伝的小説「M 愛すべき人がいて」の連続ドラマ化が決定しました。

そのドラマの浜崎あゆみさんの役として出演されるのが、安斉かれんさんという方です!

 

安斉かれんさんは今回のドラマで女優をデビューされるようです。

2019年の5月1日に歌手としてデビューしていましたが、今の今までメディアに姿を見せていませんでした。

デビューした5月には、シングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をなんと無料配布されています。

今まで出していたシングルもすべてCDショップで無料配布されていました。

確かに宣伝効果は高いでしょうが、大胆すぎますよね!

 

ここではそんな安斉かれんさんについて、

  • 昔の仕事や経歴について
  • 笑顔のインスタはあるのか?

について調べてみました!

 

スポンサーリンク

安斉かれんさんの昔や経歴について

「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」の店員だった

デビューする前は渋谷の人気ショップ『RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.』で店員として働いていました。

このお店はエイベックスのお店で、ギャル向けの古着を販売しています。

レーベルもエイベックスなので、店員として働いている時にスカウトされたのでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#kalenanzai

安斉かれん(@kalenanzai)がシェアした投稿 –

こちらのお店は2019年3月16日から5月中旬まで、期間限定で出店されていたようです。

ポスギャル(ポストミレニアルギャル)と呼ばれている安斉さん。

ギャルらしい風貌ながら歌姫ということで、浜崎あゆみさんを確かに思わせる感じもしますね!

 

安斉さんにとってギャルとは、

ギャルのようなノリや着飾った見た目だけでなくマインドも含まれる

と仰っていました。

自らをギャルと思ってる、ということですね。

 

「M・A・C」の店頭コレクションビジュアルに採用

コスメティックブランド『M・A・C』店頭コレクションビジュアルにも抜擢されています。

とても整った顔立ちをされているのがよくわかります!

 

安斉さんはもともと『M・A・C』を愛用されていたようです。

コスメ自体がすごく好きで、海外のコスメを取り寄せたりするほどなんだとか!

メイク自体も自己流でされていてファンデにも非常に気を遣っておられます。

目元のメイクも変えることが多いそうなので、日によって見え方が違うことに納得ですね!

 

3枚のシングルCDを無料配布!

安斉かれんさんは現在、3枚のシングルCDを出していらっしゃいます。

2019年5月22日リリース「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」

こちらは16歳の時に書いた歌詞からできているようです。

昔の日記のような、と本人はコメントされていましたが音楽にも作詞にも引き込まれていくものがありますね!

2019年7月24日リリース「誰かの来世の夢でもいい」

こちらは感情を書き溜めていたメモから歌詞が作られています。

たくさんたまったメモから作られたこの曲。

歌詞が非常に日常的なのは普段の生活のメモから出来上がったからなのでしょうね。

2019年10月23日リリース「人生は戦場だ」

こちらが3枚目です。

これらはすべて一連の物語として描かれているので、3部作として聴くともっと楽しめるんだそうです!

音楽もすごく良いので、細かく聞いて観ていきたいですね!

これらはすべて8cmシングルとしてタワーレコード限定の無料配布となっています。

 

15歳から作詞や歌を始めていた安斉さん。

最初の頃は言いたいことを並べていくような、昔の日記を読む感じになっていたとコメントされていました。

そしてそのうちその時にしか思わなかった感情を書き溜めてメモをし、そこからストーリーを作り出していきました。

 

作詞を感情から作り上げるって本当にすごいです。

 

“リアルタイムの気持ちを素直に書くことで共感も得られる”

“今の世代でしか思わない感情をリアルに書いていく”

 

これって言うのは簡単ですが、とても難しいことですよね。

  • 自分の今の感情をメモったりして表現ができること。
  • 感情から歌詞を作り出すこと。
  • 思ったことに対してそれを流さずに、自分の力にしていること。

どれもなかなかできるものではありませんよね。

私は感情の制御ができないあまりできないので、こうして表現できるのはとてもスゴイと感じます。

 

他にも安斉さんの作詞は、

  • 思いついたことや情景
  • その時その時に見ていた風景
  • 良いことや悪いこと
  • 他にも単語でもなんでも

といった普段の生活から生み出されるものなんだそうです。

普段からメモすることを意識しているからこそ、作詞をする時に困らないように備えられているんですね~。

プロ意識がスゴイ…。

 

幼少期からメイクも音楽も好きだった

安斉さんは小学5年生ぐらいからメイクを始めています。

友達とつけまつげを買いに行った経験もあり、メイクも自分でするようになったとのこと。

メイクさんに任せることもあるようですが、自分でメイクをすることも多いようですね!

 

そして幼い頃から音楽にも興味を持っていました。

エレクトーンを習ったり、父親とのドライブ中にかけていたロックを聴いて音楽に興味を持ったのだとか。

そして中学の頃に吹奏楽部に入りアルトサックスを始めたりもしています。

そのきっかけも、父親と「ザ・ローリング・ストーンズ」のライブに連れて行ってもらった時だったのでしょう。

バックバンドの人がアルトサックスを吹いていてそれに憧れた、とのことでした。

そこから「喉もひとつの楽器」ということに気づき、歌も始めたんだそうです。

 

中学からサックスを始めて歌も歌うようになり、高校の頃には作詞も始めていたとのこと。

楽器もですが、歌に対して強い興味がなければこんなに色々とやろうって思わないですよね。

高校生になってからは音楽のレッスンにも励んでいたりと、歌に対して並々ならぬ情熱を持っておられます。

 

安斉かれんさんの笑顔のインスタはあるの?

安斉かれんさんは笑顔をあまり表に見せない方のようです。

その影響で、“実在しないバーチャル”なんて噂も立っていたようです。

実在を疑われる歌手ってのも珍しいですよね(笑)

そんな安斉さんですが、確かに無表情なものが多いんですよね…。

普通はお祝いしてもらったり可愛いものと一緒に撮ったりすると笑顔になりますよね~。

自撮りだとそういう写真がとても多いです。

ですが安斉さんはあまり表立って笑顔を見せていません。

それはインスタも同様なようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ネイル新しくしたよ💅💕 #kalenanzai #nail

安斉かれん(@kalenanzai)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

#POSTOKYO #POSGAL #kalenanzai

安斉かれん(@kalenanzai)がシェアした投稿 –

どの写真も思いっきり笑顔という感じではありませんね!

舌を出してちょっとイタズラな表情も可愛らしいのですが、破顔という感じではありません。

きっと笑顔も魅力的な女性だと思うので、是非一度見てみたいです!

 

あまり笑顔で写真を撮られないのは、

  • 単純に照れ屋の可能性
  • 作詞用の感情を書き溜めるために、写真を撮る時は抑えて他の時に爆発させている
  • 生気を見せないコンセプトで売っていく
  • 自分の笑顔があまり好きではない

などが考えられますね!

ちょっと不器用な部分があったりするのかもしれません!

 

笑顔が期待できるのは愛犬との2ショット!?

安斉かれんさんには愛犬がいるとのことです。

ペキニーズとチワワのハーフで、「ゼロ」くんという名前です。

毎日散歩にも行って休日も一緒に遊んだりと仲がとても良いようです!

 

とても溺愛されているようで、インタビューで愛犬について語った時はスマホから写真を探して

「可愛いから写真を見てほしい」

飼い主バカを発揮してしまうほどです(笑)

この気持ち、すごくわかります…!

 

そして愛犬について話していた時、笑顔で話をされていたようですね!

今はまだ画像がありませんが今後愛犬と一緒に撮ってあげてくれる可能性もあります。

もしかしたらそのうち、笑顔の安斉さんと愛犬が一緒に写っている画像が見られるかもしれませんね~!

本人がブサカワと言っていた愛犬の姿も非常に気になります!

 

安斉かれんさんの昔や経歴、表情についてまとめ

ここでは安斉かれんさんについて、

  • 「RELECT by RUNWAY channel Lab.」の店員だった
  • ファッションメディアにも登場していた
  • 「M・A・C」の店頭コレクションビジュアルにも抜擢されている
  • 幼少からメイクや音楽に興味があった
  • 中学でアルトサックス、高校で作詞を始めた
  • 歌詞は、普段の感情や風景などからメモを書き溜めておき作っている
  • 笑顔があまりないが愛犬の話をするときは笑顔だった模様

ということがわかりました!

 

特に安斉かれんさんの表情が本当に気になります。

ないとは思いたいのですが、つい邪推してしまいます。。。

“第二の浜崎あゆみ”とも言われていて、敢えて表情を見せずに無表情のコンセプトを貫くのかもしれません。

浜崎あゆみさんのような歌姫になる可能性もありますが、浜崎さんに似せる必要はないと思います。

もし感情を殺していたとすれば、それはそれで窮屈そうで大変ですよね…。

ただちょっと不器用なだけなら、それは安斉さんの個性なので問題ないと思います(笑)

 

ちなみに浜崎あゆみさんの若い頃にそっくりなのかな?と思って調べてみたところ、


めちゃくちゃ似てるという感じではなさそう…?

歌姫という立場として「浜崎あゆみさんのそっくりさん」となる可能性はありますね!

 

私自身も昭和生まれで、浜崎あゆみさんの曲もたくさん聴いてきました。

それだけに安斉さんの今後の曲も気になってしまうんですよね!

これからも応援しています!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました