老猫ご飯のおすすめは?ご飯を食べない愛猫が20歳まで食べた餌はこちら!

スポンサーリンク

現代の猫の平均寿命はおよそ15歳ほどと言われています。

そのころを過ぎると病気をしたり、急に食欲がなくなってしまうことが増えてきます。

我が家の猫も病気をしたり食欲がなくなったりということはありましたが、20歳まで生きてくれていました。

人生の半分以上が猫と一緒に生活していたと思うと、本当に猫ってすごいな…と思います(笑)

 

猫は10歳を超えると高齢者の仲間入りを果たします。

なのでその頃から色々と身の回りのケアや、猫自身の健康に気を付けていかなければなりません。

そんな中で困るのが『猫のご飯をどうするか』ということですね。

 

“あまり食べない老猫に配慮されたご飯はあるのか”

“小粒で食べやすそうなご飯はあるのか”

“ウェットフードはどんなものがいいのか”

 

不安になって色々と悩みは尽きないと思います。

ここではこんな悩みを持っている方へ

  • 20歳まで生きた老猫が最後まで食べていたご飯
  • まったく食べなくなった時に最終手段として与えたご飯

をご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

老猫におすすめするカリカリ

猫は腎不全などの腎臓の病気にかかりやすい動物です。

老猫となると症状が進行してしまい、時には命をも奪ってしまいます。

なのでここでは「腎不全などの腎臓ケアのおすすめカリカリ」を紹介していきたいと思います。

 

猫用キドニーケア チキンテイスト

サイズ:480g (120g×4)1.5kg
価格(税込):1,540円3,630円
対象:慢性腎臓病の猫
非推奨:妊娠や授乳期、成長期の猫
低たんぱく血症の猫

フィッシュとチキンがあるのですが、ダントツでチキンの方が食いつきがよかったです。

これは猫の普段の私生活も関係してくるかもしれません。

我が家の猫は昔からよくフィッシュ味を食べていたんですよね。

そのこともあって、チキン味をよく食べたというのもあるかもしれませんね!

 

小粒で食べやすい

老猫になると噛む力も衰えてきます。

しかも猫って丸呑みして食べることも多いんですよね…。

その点このキドニーケアのチキンテイストは小粒で食べやすいようなんです!

一円玉と比較した画像がこちら。

俵型の小さい粒が特徴的です。

丸呑みして食べてしまうのは猫の習性としては仕方がないことです。

ですがこれだけ小さければ、ある程度丸呑みしても大丈夫そうですよね。

 

管理しやすい小袋仕様

私は480gの小さいほうを愛用していました。

これが非常に便利で、120gの白い袋に小分けされていたので与える時にひっくり返す心配がなくなりました。

 

最近の猫のご飯は小袋包装も増えてきています。

ですがものによっては、1kgや500gの袋に直に入っているものもあるんですよね。

そういう大きな袋で与える時は、

  • 計量カップなどを使って与える
  • 袋を斜めに抱えて少しずつ中身を出して与える

という2つの与え方があります。

ですが私はものぐさなので直に与えたい派なんです。

 

そういった点でこの小袋は便利でした。

  • 軽くて器に移す作業がラク
  • 量が少ないので、一度開けたら使い切るまでが早く管理がラク

という、与え方や保存がラクということに関してもメリットが大きいです。

 

特に保存に関しては、一度開けたら湿気たりしないかが心配になりますよね。

チャック付きの袋もありますが、夏場とかは湿気で管理に不安が出てきます。

その点、小袋包装なら使い切るまでが早いので保存の心配をする必要もありません。

 

キドニーケアの購入方法

現在キドニーケアのチキン味について、通販サイトで買うと高値で売られていることが多いです。

というのも、

メーカーが通販サイトで出品されにくくなるように規制をかけた

という背景があるようです。

公式サイトでの販売を強化することが目的のようですね。

楽天などを見たところ、定価の4倍以上もの値段で売られているものもあるようですね…。

 

そういった面から公式サイトから購入することをオススメします。

キドニーケアチキンテイスト公式はこちら

こちらから購入する際には会員登録が必要となります。

何より提携している動物病院で診察してもらい、「動物病院コード」というものを発行してもらわなければ登録ができません。

連続して買う可能性がある場合は登録しておいたほうがよさそうですね。

 

もう1つの購入する方法としては、

動物病院で購入する

ということですね。

こちらのほうでも定価以上で売られることはないと思うので確実でしょう。

それに行きつけの動物病院であれば愛猫の健康状態も把握していると思います。

購入する前にまずは動物病院のほうに相談して、猫自身に合ったご飯を探してあげることも重要です。

 

ロイヤルカナン猫用 腎臓サポートスペシャルドライ

サイズ:500g2kg4kg
価格:1,300円前後3,700円前後6,000円前後
対象:慢性腎臓病の猫
肝疾患に伴う高アンモニア血症を呈する猫
特徴:食欲低下気味の猫のために嗜好性を追求

こちらは香りが良かったのか、さきほどのチキンテイストと併せて食べていました。

 

こちらも大きさは小粒

大きさもそんなに大きいものではなく、一円玉と比較したところこのぐらいの大きさになっています。

テント状になっているのが特徴です。

こちらも小粒タイプなので食べやすいようで、チキン味と交互に与えることで飽きも消化できていたようです。

老いてきてカリカリにあまり手を付けなくなってきた矢先だったので、これらを食べてくれた時は本当に安心しました。

食欲がそそられるようで、一粒ずつ口に入れながらもがっつく勢いで食べたんですよね!

 

購入方法は?

このロイヤルカナンに限りませんが、腎臓サポート用は市販では買えないんですよね。

なので購入するのであれば、通販か動物病院で買うことをオススメします。

こちらは楽天でもアマゾンでも購入できるので、気になった方は購入してみてください!

また動物病院でも購入することができます。

私はまず動物病院に相談して、病院からサンプルをいくつか貰ってからどのカリカリにするか決めることにしました。

 

これらの腎臓用のご飯をあげるようになったのは15歳ぐらいからでした。

病院に通う事が増えて、腎臓に負担を抱えていることも診察でわかったんですよね。

なので食事療養なども視野に入れるべきだと考えたんです。

そういったきっかけで行きつけの動物病院に相談したところ、勧められたのがキドニーケアとロイヤルカナンでした。

大事な愛猫についてよく知っているのは、飼い主さんと獣医さんだけです。

ちゃんと獣医さんと相談してくださいね!

 

老猫におすすめするウェットフード

こちらもおすすめはいくつかありましたが、最期までよく食べていたウェットフードを紹介します。

18歳以上が対象のものもあるのですが、「老猫が何を食べるかわからない!」という時に参考にしてみてくださいね。

 

アイシア 18歳からの健康缶パウチ

こちらのシリーズ、他にも色々出しているんです。

  • 20歳からの健康缶
  • 15歳からの健康缶(かつおorまぐろ)
  • 11歳ごろからのシニア猫用
  • 食事でのエネルギー補給用(ささみ)
  • 食事での水分補給用(まぐろフレーク)

など目的別で分かれています。

ペースト状のものが多く、食べこぼしが多い猫にも食べやすいものとなっています。

我が家では「20歳からの健康缶」と「18歳からの健康缶」を重宝していました。

 

またそのまま食べさせるだけではなく、

  • 他の療養食やカリカリと一緒に混ぜて与える
  • まだカリカリを砕いたものと一緒に混ぜる
  • 薬を混ぜて与える

という部分でも非常に役立ちます。

柔らかい物しか食べられない子にも最適!

ご飯をあまり食べられなかったり、薬を嫌がる子に是非いかがでしょうか?

 

アイシア健康缶パウチの購入方法

こちらは通販でも購入できますし、近くのホームセンターやスーパーにも売っています。

近所のナフコ、杏林堂で18歳用が売られているのを確認済みです。

通販でもセット買いから単品売りまでされているので、近所にないという方は通販も見てみましょう!

一日2パックぐらい食べていることがあったので、一週間で10パック以上消費される日もありました。

なので買いだめしていても損はなさそうです。

1パック40gなので使い切りにも最適ですよ!

 

カルカンパウチとろみ仕立て 15歳から味わいチキン70g

こちらはとろみ仕立てのチキン味のパウチになります。

パッケージの見た目通りトロッとしたスープに角切りチキンが入っています。

匂いも結構強く感じましたね!

そういった匂いが猫の食欲を増幅させるのでしょうね~。

 

カルカンパウチの与え方

そのまま与えてもいいのですが、チキンの角切りが意外と食べにくいことがあるみたいなんです。

スープだけ平らげてチキンだけ残した時がありましたね…。

なので我が家では、角切りチキンをスプーンなどでつぶしてすり身状にして与えていました。

非常に柔らかく潰しやすいので、

「ちょっとゴロゴロとしたお肉は与えづらい」

という猫にも問題なく食べてもらうことができるんです。

 

また軽く温めると匂いが強くなり、猫も食欲をそそられることがあるようです。

他にもカリカリを砕いて一緒に混ぜたりして与えることもしていました。

びっくりするぐらい食いつきがよくなったので、猫にとってご飯の匂いが大事なのかを思い知りました(笑)

公式サイトにも必要量などが載っているので一度目を通しておくとオトクです!

カルカンパウチチキン味15歳以上の公式サイト

 

カルカンパウチの購入方法

こちらは市販でも普通に売られていますね!

ペットショップやホームセンター、スーパーなどに売られていました。

また、まとめ買いする時には通販で買う事をおすすめします。

たまに売り切れていることがあったので何だかんだで通販を重宝していました。

一日1パックをぺろりと食べてしまうこともあったので、まとめ買いができるのは非常にありがたかったです。

70gって意外と量が多いと思ったのですが、一日1袋以上は絶対食べるので買いだめしていることが多かったです。

 

食事をしなくなってしまった老猫におすすめ

こちらは本当にご飯を食べない猫用です。

栄養を摂ることに長けているため、普段からちゃんと食べている猫には与えないようにしてください。

 

ヒルズ 犬猫用a/d缶156g

こちらもほぼペーストの状態で、非常に食べやすいものになっています。

動物病院でも愛用されているようですね。

食事をしない時に与えていると獣医さんのお墨付きでした。

やわらかいのでシリンジから与えたりすることができるのも特徴的です。

 

与える時の注意点

前述した通り、こちらは食べなくなってしまった猫用のご飯です。

例えばこんな子におすすめです。

  • 高齢で食欲が落ちてしまった
  • 硬いものが食べられず、カリカリにもウェットにも興味を示さない
  • 慢性腎不全で食欲不振になってしまった
  • 手術後や外傷で回復するために栄養を摂りたい場合
  • 好き嫌いが激しく食事を摂ってくれない

回復期や少しでも栄養を摂ってほしい、という時に与えやすいものになっています。

 

逆に与えてはいけない子は、

  • 肝性脳症や急性膵炎、高脂血症などのリスクがある子
  • 健康でご飯はしっかり食べている、栄養食が不要とみなされる子

 

といった具合にご飯を食べて栄養がしっかり摂れている子には与えないようにしてくださいね!

 

また行きつけの動物病院に相談することも忘れないでください。

その猫の健康状態などを把握してご飯を与えるようにする必要があるからです。

私も動物病院で「何も食べなくて困っている」と相談してから、こちらのヒルズを勧められました。

栄養が足りない猫と判断されればこういった缶詰も勧められるので、ちゃんと行きつけの病院で診てもらうようにしましょう!

 

ヒルズ缶詰の購入方法

こちらに関しては市販では売られておらず、通販動物病院で買う事ができます。

動物病院で買うのは大変…という方には通販をおすすめします。

単品だと送料がある分、本体より送料のほうがかかってしまうことが多いんですよね…。

なので動物病院に一度相談してから1缶購入して、必要であれば通販で購入したほうが良いでしょう。

24缶まとめて買うと1缶辺り324円ぐらいになってオトクですね!

送料も無料になる場合もあるので、毎日与えなければいけない時はまとめ買いがよさそうです。

老後の食欲不振などでは本当に助かりますね!

 

老猫ご飯や食べない場合におすすめするフードについてまとめ

ここでは20歳まで生きた老猫が数年間愛用していたご飯についてご紹介しました。

ご紹介した中でもウェットフードの「健康缶」と「カルカンチキン味」は市販で買えるのがありがたいですね!

この2つに関しては長年愛用していたので、店頭に並んでいない時は通販に頼ることも多かったです。

 

手術後の猫や老猫の介護って大変なんですよね。

最終的にはカリカリも砕いて、ウェットフードやちゅーるに混ぜて与えることが多くなりました。

それでも食べない時は病院からシリンジを購入して、a/d缶をぬるま湯や水で希釈して与えてたりもしていました。

食べなくなった時のa/d缶には本当に救われる思いでしたね…。

ちゅーるとa/d缶ばかりになってしまっていましたが、最期まで頑張ってくれたのは栄養サポートもあったおかげだと思うんです。

 

飼い主にとってはいつまでも愛猫には長生きしていてほしいですよね。

食事からサポートしてあげることも長生きの秘訣です。

今の食事や獣医との相談、猫の状態などを観察して改善できる点があればしていきましょう!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました