アベノマスクを寄付したい時は?不要の場合やいらない人は寄付してみませんか?

国内ニュース
スポンサーリンク

現在もまだまだマスク不足が続いていますね…やむを得ず外に出る時もマスクがなくて困ってる人も多いと思います。

そんな中、政府から布マスク2枚の支給が開始されました。

安倍総理がしていたマスクが噂になり、アベノマスクという名前までついてしまい揶揄されています。

 

そんなアベノマスクですが、

「マスクが小さくて使えないので要らない」

「家に布マスクがあるから使わない」

など、特に必要と感じていない人もいると思います。

 

捨ててしまう方もいるかもしれませんが、その前に足りない所へ寄付してみませんか?

ここではそんなアベノマスクについて、

  • 寄付したい場合はどうするのか

ということについてご紹介します!

 

スポンサーリンク

アベノマスクを寄付したい時はどうする?

介護施設に寄付

「スケッター」という、介護福祉領域特化のスキルシェアサービスを運営している会社も寄付を募っています。

介護施設従事者の方々は休むわけにもいかず、今も頑張ってくださっています。

そういう方々を応援する意味でも、こちらに送ってみてはいかがでしょうか?

 

送り先は、

宛名:株式会社プラスロボ
住所:〒106-0031
東京都港区西麻布4-11-2 406
専用サイト:https://www.sketter.jp/mask/

となっています。

送る前に、専用サイトから何枚寄付するかをフォームから送信することを忘れないようにしてくださいね!

こちらは配送料は自己負担になっています。

 

ホームレス支援団体に寄付

こちらはいくつか送り先があります。

ホームレス支援全国ネットワークに送付

ホームレス支援団体に寄付する方法があるようです。

住所を持たない方はマスクを受け取ることもできませんよね。

そんな方々を支援するための支援してくれる団体があるようです。

 

送り先は、

宛名:ホームレス支援全国ネットワーク
住所:〒805-0015
北九州市八幡東区荒生田2-1-32

こちらになります!

 

こちらの送り方は、

“包装された状態のままで封筒などに入れて普通郵便で送る”

これだけです。

送料は自己負担ですが、布マスク2枚なら300円もかからないと思います。

貼る切手がわからない場合は窓口で相談してみてくださいね!

 

新宿連絡会

新宿のホームレスを支援している団体です。

都内に住んでいる方はこちらのほうがラクなのかも?

送り先は、

宛名:新宿連絡会
住所:〒169-0075
住所:東京都新宿区高田馬場2-6-10関ビル106号
新宿連絡会・医療班宛
専用サイト:http://www.tokyohomeless.com/cp-bin/blog/index.php?eid=12

こちらとなっております。

受付時間に限りがあり、平日の9時~17時までが受付時間となっております。

送る際はご注意くださいね!

 

他にもボランティアとして衣類の寄付などもできるようです。

不要になった衣類などを送ることができるので、マスク以外でも寄付ができるようです。

衣類を捨てたり売ったりする前に寄付するのもいいですね!

 

山谷労働者福祉会館に寄付

山谷労働者福祉会館とは、

現役日雇労働者や野宿労働者を支援している

という団体です。

山谷での就労が厳しいことから、それを支援するために作られた団体のようです。

 

送り先は、

宛名:山谷労働者福祉会館
住所:〒111-0021
住所:東京都台東区日本堤1-25-11
山谷労働者福祉会館活動委員会宛
電話:03-3876-7073
専用サイト:https://san-ya.at.webry.info/

こちらになっています。

注意してほしいのは送る時間について、

宅配便は着時間を「日曜日の12時~14時」で指定して送るようにしてください。

そちらが不可能であれば「日曜日14時~16時」着指定もできるようですね。

ポストに入る厚さであれば郵送もできるので、マスクを送るなら郵送でもいいのかも?

 

他にも炊き出しのための食糧や一人用テントも寄付を募っています。

米も寄付を募っているようですが、お米券も受け付けていますよ!

 

送る際の注意点

以上が寄付できる先になります。

ここまで読んでいただいてわかったことですが、いくつか注意点がありますね!

送ってもらう方も少しでも手間を減らすために頑張っておられます。

 

アベノマスクを寄付する際には、

  • 送る際の指定された時間はしっかり守ること
  • できれば未開封で送ることが望ましいこと
  • 専用サイトがある場合、事前にそちらを見ておくこと

などに注意してくださいね!

 

配達員や郵便局員の方たちの手間も減らすように、できる限り協力していきたいですね。

事前に電話やメール、公式ツイッターから連絡しておけば連携も取りやすくなると思います。

せっかく寄付するのだからお互い気持ちよく円滑に行いたいですよね。

 

アベノマスクの寄付先についてまとめ

ここではアベノマスクが不要になった人という場合の、

  • 寄付できる団体について
  • 寄付する際の注意点

をご紹介しました。

 

アベノマスクを受け取り拒否する方法もあるのですが、正直なところこちらは心苦しいですね…。

郵便局員の方たちは、こんな時でも配達するために頑張っていてくれています。

受け取り拒否をしたら送ってくれた分の手間がかかることもあって、個人的には寄付をオススメしたいです。

そもそも郵便の受け取り拒否とかしたことがなくて、面倒くさいというのも本音です(笑)

4月19日現在、私の家にはまだマスクが届いてません。

届いたら私も上記団体に寄付したいと考えています!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました